『愛の点滅』脳内ポイズンベリー『わすれもの』私達のハァハァ

次のクリープハイプの曲と
主題歌に使われた映画の
正しい組み合わせを選びなさい
愛の点滅───脳内ポイズンベリー
わすれもの───私達のハァハァ
イト───帝一の國
29%

クリープハイプ(CreepHyp)は、日本の4人組ロックバンド。

2015年 – 5月5日に7thシングル「愛の点滅」を発売する。デイリーオリコンチャートで2位、週間チャートでは5位にランクインする。表題曲は佐藤祐市監督の映画「脳内ポイズンベリー」の主題歌に書き下ろされた。9月12日公開の映画『私たちのハァハァ』で本人役で映画出演。音楽も担当[8]。9月30日に8thシングル「リバーシブルー」を発売する。広瀬すずが出演する明星食品「一平ちゃん夜店の焼きそば マヨンナ編」CMに、カップリングの「わすれもの」は前述の映画「私たちのハァハァ」の主題歌に書き下ろされた。
引用元:クリープハイプ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%97

解説
「失恋ショコラティエ」で知られる漫画家・水城せとなの同名コミックをもとに、年下男性に翻弄されるアラサー女性の苦悩を、彼女の脳内にある5つの思考を擬人化して描いたラブコメディ。携帯小説の作家として生計を立てている櫻井いちこは、飲み会で出会って以来気になっていた青年・早乙女と偶然にも再会を果たす。彼女の頭の中では、「理性」「ポジティブ」「ネガティブ」「衝動」「記憶」という5つの思考がせめぎあい、声を掛けるか否かで会議を繰り広げはじめる。その結果、早乙女を食事に誘ったいちこは彼の部屋にまで押しかけて肉体関係を結び、やがて2人は付きあうことになるが……。真木よう子が優柔不断な主人恋いちこを演じるほか、脳内メンバーにも西島秀俊、神木隆之介ら人気俳優がそろう。監督は「キサラギ」「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。
引用元:脳内ポイズンベリー : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/81049/

解説
大好きなバンドのライブを見に行くため、北九州から1000キロ離れた東京へ自転車で向かう4人の女子高生を描いた青春ロードムービー。福岡県北九州市の片田舎に暮らすチエら女子高生4人組みは、福岡で行われたロックバンド「クリープハイプ」のライブの出待ちした際、バンドメンバーが口にした「東京のライブにもぜひ来てください」という言葉を真に受けて、東京行きを決意。高校3年生の最後の夏休みに、自転車で日本を横断する1000キロの旅を始める。「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」で上映され、「スカパー!映画チャンネル賞」と観客の投票で決まる「ゆうばりファンタランド大賞」を受賞。監督は「自分の事ばかりで情けなくなるよ」「ワンダフルワールドエンド」の松居大悟。ミュージックビデオや映画で松居監督と多数コラボレートしているバンド「クリープハイプ」が音楽を担当し、本人役で出演もしている。
引用元:私たちのハァハァ : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/81059/

解説
古屋兎丸の同名コミックを、菅田将暉、野村周平、竹内涼真ら人気若手俳優の共演で実写映画化した学園コメディ。全国屈指のエリートたちが集まる超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持つこの学校で生徒会長を務めた者には、将来の内閣入りが確約されるという。主席入学を果たした1年生の赤場帝一は、総理大臣になって自分の国をつくるという夢を叶えるための第一歩として、生徒会長の座を狙っていた。2年後の生徒会長選挙で優位に立つべく誰よりも早く行動を開始した帝一は、想像を絶する命がけの権力闘争の中へ身を投じていく。「ジャッジ!」「世界から猫が消えたなら」の永井聡監督がメガホンをとり、「ROOKIES」のいずみ吉紘が脚本を担当。
引用元:帝一の國 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/86016/