福田雄一『HK』

TVドラマ『勇者ヨシヒコと魔王
の城』『アオイホノオ』や、映画
『HK/変態仮面』『女子ーズ』
の監督を手がけた人物は?
田島彦一隆
光也岡福雄
福田雄一(答)
25%


次の実写映画を
監督した人物ごとに
グループ分けしなさい
【三池崇史】テラフォーマーズ、ジョジョの奇妙な冒険、神さまの言うとおり
【佐藤信介】アイアムヒーロー、BLEACH、GANTZ
【福田雄一】変態仮面
引用元:三池崇史『テラフォーマーズ』佐藤信介『アイアムアヒーロー』『BLEACH』福田雄一『テラフォーマーズ』 https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/31902/

栃木県出身。成城大学で演劇部に入部。1990年に旗揚げした劇団ブラボーカンパニーで座長を務める傍ら、フリーの放送作家として数多くの人気バラエティ番組の構成を手掛ける。映画「逆境ナイン」(05)や「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」(08)で脚本を担当。監督・脚本を手がけたTVドラマ「33分探偵」シリーズ(08~09)やDVD「THE3名様」シリーズ(05~)などで着実にファンを増やし、ブラボーカンパニーの舞台を映画化した「大洗にも星はふるなり」(09)で長編映画初メガホンをとった。深夜ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ(11~16)で人気を不動のものにした。コメディセンスに定評があり、人気漫画の実写映画化した「HK 変態仮面」シリーズ(13、16)や「斉木楠雄のΨ難」(17)などを手掛けたほか、「銀魂」シリーズ(17、18)を大ヒットに導いた。その他、TVドラマ「アオイホノオ」(14)、「スーパーサラリーマン左江内氏」(17)、「今日から俺は!!」(18)、「聖☆おにいさん」(未定)などの監督・脚本・演出を務める。
引用元:福田雄一 – 映画.com https://eiga.com/person/62198/

福田 雄一(ふくだ ゆういち、1968年7月12日 – )は、日本の劇作家、放送作家、ドラマ・映画脚本家、舞台・ドラマ演出家、映画監督。劇団「ブラボーカンパニー」座長。コメディ作品を次々に生み出し、ムロツヨシ、佐藤二朗といった個性派俳優を抜擢し、「コメディの奇才」と称された[1][2]。血液型A型[3]。

主な作品
テレビドラマ
『33分探偵』
『猿ロック』
『東京DOGS』
『勇者ヨシヒコシリーズ』
『コドモ警察シリーズ』
『アオイホノオ』
『スーパーサラリーマン左江内氏』
『宇宙の仕事』
『今日から俺は!!』
映画
『HK 変態仮面』
『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』
『俺はまだ本気出してないだけ』
『女子ーズ』
『銀魂』

日本テレワークに入社の後、独立しフリーの放送作家に転身[6]。舞台を手がけるかたわら、『笑っていいとも!』『SMAP×SMAP』『いきなり!黄金伝説』などバラエティ番組の構成を多数手がけた。さらにテレビドラマや映画の脚本・演出にも活動の場を広げた。2004年に「小山評定ふるさと大使」に任命された[6]。2005年にドラマ「THE3名様」を監督[10]。2007年にマギーと共同脚本・演出のユニット「U-1グランプリ」を立ち上げて出演。2009年には自身の舞台作品を映画化した『大洗にも星はふるなり』で映画監督としてデビュー[11]。

人物
尊敬している脚本家は中園ミホ、尾崎将也、福田靖[12]、いつまでも雲の上の存在として宮藤官九郎、三谷幸喜を挙げている[13]。笑いのルーツはアメリカにあると考えている[4]。多くの作品を翻訳・脚色しており、海外のギャグを日本語に翻訳するセンスに定評がある[4]。

指原莉乃の冠番組『さしこのくせに』を見たことをきっかけに、多くの番組で指原を起用した[14]。 ムロツヨシ・佐藤二朗を夫人の推薦もあって、福田組の常連キャストとして、ほぼ全ての作品に起用している[15]。 また、2017年公開の 『銀魂』から、橋本環奈をヒロインに起用する機会が多くなっている[16]。

恐妻家であり、『週刊現代』(講談社)でエッセイ「妻の目を盗んでテレビかよ」を執筆している。酒もたばこもギャンブルもゴルフもやらない。[17]
引用元:福田雄一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E9%9B%84%E4%B8%80