【CCR】Creedence Clearwater Revival

『プラウド・メアリー』
『雨を見たかい』などの
ヒット曲で知られる
アメリカのバンドは?
EHR
CMP
DCG
CCR(答)
30%

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival、略称CCR)は、アメリカのロック・グループである。カリフォルニア州サンフランシスコ出身であるが、元祖アメリカ南部のサザン・ロック、スワンプ・ロックの先駆者的存在で、近年はオルタナティブ・ロックの開祖とも称される。活動期間は短いながらも人気と実績を残し、1993年にロックの殿堂入りした。「ローリング・ストーンの選んだ歴史上最も偉大な100組のバンド」第82位。

来歴
1959年にジョン・フォガティ (Vocal&G)、ステュ・クック (B)、ダグ・クリフォード (DS) の3人が中学校時代に出会って結成されたブルー・ベルベッツを前身とする。後にジョンの兄で、既にバンド活動をしていたトム・フォガティ (G) が加入する。メンバーは全員がバークレー (カリフォルニア州)出身。1967年にサンフランシスコを拠点とするジャズ系ローカル・レーベルファンタジーと契約(半ば契約させられた説も)、バンド名をゴリウォッグスと変えてデビュー。ゴリウォッグスは「醜い面相の男たち」の意で、メンバーは無理やりレーベル側から着せられた衣装と共に、この名前も気に入らなかったとのこと[1]。

1968年にバンド名をクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルと改めた。クリーデンス(信用)はトムの友人「クリーデンス・ニューボール」から、クリアウォーターはオリンピア・ビール(英語版)のCMを見ていて流れる水の映像が気に入ったことと、メンバー全員の関心事であったエコロジーの観点から、リバイバルはバンドの復活、新しいバンド名で再出発との意味をこめて名付けられた[1]。

1969年から1971年にかけて、彼らの代表曲となる「プラウド・メアリー」、「ダウン・オン・ザ・コーナー」、「雨を見たかい」といったヒットを飛ばす。ところが「プラウド・メアリー」(3週連続)、「バッド・ムーン・ライジング」、「グリーン・リヴァー」、「トラヴェリン・バンド」(2週連続)、「ルッキン・アウト・マイ・バック・ドア」という、この5曲は全てビルボード・シングルチャートで全米第2位のみ(現在まで全米No.1を獲得出来なかった歌手、音楽グループの中で最多5曲の全米第2位楽曲を持つという珍記録になっている)。
引用元:クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%AB