【仁義なき戦い】内田朝雄、宍戸錠、室田日出男

次のうち
映画『仁義なき戦い』シリーズ
5部作のいずれかに出演した
俳優を全て選びなさい
緒形拳
渡哲也
内田朝雄(答)
小林旭(答)
山城新伍(答)
松方弘樹(答)
宍戸錠(答)
菅原文太(答)
室田日出男(答)
鶴田浩二
高橋英樹
大滝秀治
田宮二郎
二谷英明

次のうち
1974年までの映画『仁義なき戦い』
シリーズ5部作の副題に
あるものを全て選びなさい
広島死闘篇(答)
代理戦争(答)
頂上決戦(答)
完結編(答)
市街戦篇



広島のヤクザ抗争を描いた
1973年公開の深作欣二監督
の映画は『仁義なき戦い』
ですが

同年に公開されたその続編は
『仁義なき戦い ◯◯◯◯篇』?
◯を答えなさい
ひろしましとう(答)
『仁義なき戦い 広島死闘篇』
引用元:『仁義なき戦い』『里見八犬伝』『忠臣蔵外伝四谷怪談』 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/42188/

『仁義なき戦い』(じんぎなきたたかい)は、原作:飯干晃一による日本のノンフィクション。戦後の広島県で実際に起こった広島抗争の当事者の1人である美能幸三の手記に飯干が解説を加えた内容となっている。

このノンフィクションは映画化され、全5作のシリーズとして日本で大ヒットしたが、原作の実在人物ではなく、登場人物の名を変えた内容となっている。キネマ旬報が2009年(平成21年)に実施した<日本映画史上ベストテン>「オールタイム・ベスト映画遺産200 (日本映画編)」では、本作を歴代第5位に選出した[1][2]。また、演劇にもなっている。

原作
Open book 01.svg
ポータル 文学
美能幸三が網走刑務所で書き綴った手記[注 1]をベースに、飯干晃一が1972年(昭和47年)「週刊サンケイ」5月26日号から連載したノンフィクション[4]。原作は半分近くを美能の手記を引用しており、週刊文春は”実録小説”と称しているが[5]、戦後の実際に起こった広島抗争で、当事者の1人である美能の手記をベースに、飯干が補筆し当時の状況を解説した内容が掲載されており、出版し続けている会社もドキュメントとして本書を紹介している[6][7]。

団体・人名・地名も全て実名で載っており、手記と解説が一対になり、事件や行事ごと、広島抗争が時系列に沿って進む[5]。「週刊サンケイ」で連載が開始されると圧倒的な人気で、印刷所ではゲラの奪い合いになったという[5]。

獄中手記を美能幸三が執筆した原動力は、1965年(昭和40年)に中国新聞報道部記者である今中瓦が『文藝春秋』四月号に執筆した「暴力と戦った中国新聞 ― 菊池寛賞に輝く新聞記者魂 “勝利の記録”」という記事への反論からであった[5][8]。網走刑務所で服役中だった美能が、たまたま雑誌でこの記事を見つけた。なつかしくて飛びついて読んだというが、読むと10日間メシが食えない程腹が立った。

ケンカの張本人が自分と決めつけられている上、身に覚えのないことまで書かれている[8]。”美能が他の組幹部の意向を無視して山口組と勝手に盃を交わした”、”破門された美能が山口組と打越会に助けを求めた”という記述など[5]。特に美能は “打越会に助けを求めた”という部分にプライドを傷つけられた。「助けを求めたなどと書かれては、ヤクザとして生きていく以上、黙ってはいられない。ウソを書かれて悔しい」と翌日から舎房の机にかじり付いた美能は、こみ上げてくる怒りを抑えながら、マスコミに対する怨念を込め、7年間にわたり総計700枚の手記を書き上げた[5]。手記は汚名返上の執念が書かせたものであった。
引用元:仁義なき戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%81%E7%BE%A9%E3%81%AA%E3%81%8D%E6%88%A6%E3%81%84

1973年、その後日本映画の金字塔となる「仁義なき戦い」第1作目が公開された。昭和の広島やくざ戦争を、それまでにないやくざ映画の体裁、荒々しい台詞まわし、アクティブな撮影技法を用い、荒ぶる男たちのせめぎ合いを、過激な暴力描写を交えフィルムに刻み付けるように描ききった「仁義なき戦い」シリーズ。公開から40年を迎える2013年、シリーズ5作がBlu-rayで甦る。

終戦直後の闇市から幕を開けるこのシリーズは、やくざ社会を舞台にしながら、高度成長期の日本に確実に存在した、猛り狂うようなエネルギーが映像から横溢する無二の作品群だ。複雑に入り組んだやくざたちの人間関係をまとめ上げながら、広島弁の生々しい言葉の応酬でギラつく男たちの“生”を切り取った脚本の笠原和夫。(完結篇は高田宏治)。手持ちカメラやズーム、粒子の粗いフィルムを駆使し、大部屋役者も含めた熱気溢れる役者陣の芝居を引きだした監督の深作欣二。菅原文太、金子信雄、北大路欣也、松方弘樹、千葉真一、梅宮辰夫、渡瀬恒彦、山城新伍、小林旭ら錚々たるスターたちと、後にピラニア軍団として名を馳せてゆく川谷拓三、室田日出男、志賀勝らのキャストたち。彼らの常識を打ち破るチャレンジ精神が結実し、シリーズを通してくすぶり続けるような熱と、どんなことをしても生きぬこうとする登場人物たちの生命力に、見たもの誰もが興奮した。公開当時空前のヒットを記録、高い評価を受けながら一級の娯楽作品として新たなるファンを獲得し続けている。
引用元:仁義なき戦い Blu-ray BOX 特集 | 東映ビデオ株式会社 – Part 7 https://www.toei-video.co.jp/special/jingi/7/