【ブラック・サバス】トニー・アイオミ【ジェネシス】フィル・コリンズ

次のミュージシャンを
所属経験があるバンドごとに
グループ分けしなさい
【ブラック・サバス】トニー・アイオミ
【ジェネシス】フィル・コリンズ
【ヤードバーズ】キール・レルフ
40%

トニー・アイオミ(Tony Iommi, 1948年2月19日 – )は、イギリスのギタリスト。ブラック・サバスのメンバーとして知られる。ウェスト・ミッドランズ、バーミンガム出身。身長183cm。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第86位、2011年の改訂版では第25位。

共同作業者
Mythology, Velvett Fogg,
ジェスロ・タル,
ブラック・サバス,
ヘヴン・アンド・ヘル
グレン・ヒューズ
引用元:トニー・アイオミ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%9F

フィリップ・デヴィッド・チャールズ・”フィル”・コリンズ(Philip David Charles “Phil” Collins、1951年1月30日 – )は、イギリスのミュージシャン。身長168cm[1]。 バンド活動と並行してソロでも活躍し、1980年代から1990年代にかけて数々の大ヒットを記録した。シングルとアルバムの総売り上げは1億5000万枚。

女優のリリー・コリンズは娘である。

1970年に、プログレッシブ・ロック・バンドであるジェネシスに、ドラマーとして加入。メロディーメイカー誌に掲載されていたドラマーの募集広告を見て応募した。当時のリーダー的存在だったピーター・ガブリエル脱退後は、彼に代わってヴォーカリストも務めた。その後、バンドはポップス路線を進み、「ターン・イット・オン・アゲイン(君のTVショウ)」「アバカブ」「インヴィジブル・タッチ」などの数々のヒット曲を生み出した。
引用元:フィル・コリンズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BA

キース・ウィリアム・レルフ(Keith William Relf、1943年3月22日 – 1976年5月14日)は、イングランドのミュージシャン。ヤードバーズのリード・シンガーとして知られる。

1976年5月14日、エレキギターの演奏中に感電死した(しばしばバスタブの中で演奏中に感電死したと誤って伝えられている。)。享年33歳。レルフは当時、イリュージョンの新作リハーサル中であった。
引用元:キース・レルフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%83%95