【ビグロー】『ブルースチール』『K-19』『ハート・ロッカー』

次のうち
キャスリン・ビグロー監督の
映画を1つ選びなさい
ブルースチール(答)
クリフハンガー
コン・エアー
K-19(答)
ハート・ロッカー(答)
ナチュラル・ボーン・キラーズ
エアフォース・ワン
トランスポーター
51%

キャスリン・アン・ビグロー(Kathryn Ann Bigelow, 1951年11月27日 – )は、アメリカ合衆国の映画監督。SF・アクション・ホラーなど幅広いジャンルの作品を撮っている。史上初の女性によるアカデミー監督賞受賞者。

主な作品
『ブルースチール』
『ハートブルー』
『ハート・ロッカー』
『ゼロ・ダーク・サーティ』
『デトロイト』

イラクでの爆発物処理班の任務を描いた2009年の『ハート・ロッカー』は、制作費1,500万ドルの低予算映画ながらヴェネツィア国際映画祭で高い評価を受ける。本作は同年度公開となった元夫キャメロンの『アバター』と賞レースを争い、第82回アカデミー賞でも大きな話題となったが、結果的に『ハート・ロッカー』が作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響編集賞、録音賞の6部門を制し、ビグロー自身も史上初の女性による監督賞受賞という快挙を成し遂げた。
引用元:キャスリン・ビグロー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC

解説
ニューヨークを舞台に、殺人犯と女性警官との闘いを描いたポリス・アクション。警察学校を卒業し、以前から憧れていた警官になったメーガン。彼女は勤務初日に強盗犯を射殺するが、犯人の銃が現場で見つからなかったことから停職処分を受けてしまう。その銃は、偶然その場に居合わせ、彼女に魅せられたユージンという男が密かに持ち帰っていた。メーガンへの歪んだ想いから無差別殺人を始めた彼は、正体を隠して彼女に近づくが……。

スタッフ
監督キャスリン・ビグロー
引用元:ブルースチール : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/26891/

解説
冷戦下の61年、偵察任務のため出航したソ連の原子力潜水艦K-19で放射能漏洩事故が起こる。潜水艦という閉鎖空間、極限状況の中で、威圧的な新任艦長ボストリコフ、経験豊富な副官ボレーニン、そして老若乗組員たちそれぞれの想いが次第に顕わになっていく。「ハートブルー」「ストレンジ・デイズ」などの女流アクション映画監督キャサスリン・ビグローが、実話を元に映画化。撮影は「ファイト・クラブ」のジェフ・クローネンウェス。

スタッフ
監督キャスリン・ビグロー
引用元:K-19 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/1463/

解説
戦時下のイラク・バグダッドで爆発物処理に従事する特殊部隊EODの活躍を描くサスペンス・ドラマ。04年夏、これまでに870以上の爆発物を解体処理しているジェームズ2等軍曹がEODの新リーダーとして赴任してくる。部下となったサンボーンとエルドリッジはあと39日でEODの任務から外れる予定だったが、恐れ知らずのジェームズにより、これまで以上の危険にさらされることになる。監督は「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー。第82回アカデミー賞では作品賞以下6部門を受賞、ビグローは女性で初めての監督賞受賞者となった。

スタッフ
監督キャスリン・ビグロー
引用元:ハート・ロッカー : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/53910/