【四大名旦】梅蘭芳

日本では2009年に公開された
映画『花の生涯』の題材となった
京劇の近代化を推進したことで
知られる中国の名女形は?
李蓮梅芳
桜蘭香玉
梅蘭芳(答)
12%

梅蘭芳(ばい らんほう、メイ・ランファン、簡体字: 梅兰芳、拼音: méi lánfāng、1894年10月22日 – 1961年8月8日)は清末から中華民国、中華人民共和国にかけての京劇俳優である。本名は梅瀾(簡体字: 梅澜、拼音: méi lán)。北京生まれ、祖籍は江蘇省泰州。

女形で名高く「四大名旦」の1人。日本の歌舞伎に近代演劇の技法が導入されていることに触発され、京劇の近代化を推進。「梅派」を創始した。20世紀前半、京劇の海外公演(公演地は日本、アメリカ、ソ連)を成功させた。代表作は、「宇宙鋒」、「貴姫酔酒」、「覇王別姫」。
引用元:梅蘭芳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%85%E8%98%AD%E8%8A%B3

1993年に「さらば、わが愛/覇王別姫」でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したチェン・カイコー監督が、再び中国の伝統演劇の京劇を題材にした実話に基づくドラマ。京劇の全盛期に登場した天才的な女形・梅蘭芳(メイランファン)の波乱に満ちた生涯を描く。主演は「天使の涙」「インファナル・アフェアIII」のレオン・ライ、「SAYURI」のチャン・ツィイー。梅蘭芳への敬意と軍への忠誠心とに揺れる日本人の軍人役で安藤政信も出演。
引用元:花の生涯 梅蘭芳 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/54194/

京剧四大名旦,一般而言是指民国十六年(1927年)由北京《顺天时报》评选出的梅兰芳、程砚秋、尚小云、荀慧生、徐碧云五位著名的京剧旦角中的前四位。徐碧云虽然当时也是极为著名的旦角演员,但是后来的成就远不及梅尚程荀,故而其名不为人知。[1]
引用元:京剧四大名旦 – 维基百科,自由的百科全书 https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%89%A7%E5%9B%9B%E5%A4%A7%E5%90%8D%E6%97%A6