【木村拓哉】『南極大陸』【高倉健】『南極物語』

主人公の地質学者・倉持岳志を
木村拓哉が演じた、2011年に
放送されたTVドラマは?
南物子大陸
語猫北極島
南極大陸(答)
46%

『南極大陸』(なんきょくたいりく)は、2011年10月16日から12月18日まで毎週日曜日21:00 – 21:54[2]に、TBS系の「日曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は木村拓哉。

概要
TBS開局60周年記念番組の集大成として[3]、北村泰一の『南極越冬隊タロジロの真実』を原案に制作される。当初は仮題として「神の領域に挑んだ男と犬の物語」の副題があった。

木村拓哉が「日曜劇場」で主演を務めるのは、2007年の『華麗なる一族』以来、4年ぶり [4] [5]。

初回は2時間5分枠の拡大版となり、第66回文化庁芸術祭参加作品として放送される。

撮影はすでに放送前にクランクアップしており、2011年2月某日から8月某日までの半年間行われた。また、南極のシーンは2月から2か月半、北海道根室市で撮影が行われた。

キャッチコピーは「その夢には、日本を変える力がある」。

ドラマの全話平均視聴率は18.00%である。

この作品は実話を基にしてはいるものの、あくまで創作(フィクション)であり、登場人物の名前・設定をはじめ、数々のエピソードは実際の史実とは異なる部分が多い。
引用元:南極大陸 (テレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%A5%B5%E5%A4%A7%E9%99%B8_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

解説
南極観測隊が悪天候に阻まれ、やむなく南極の地に置き去りにしてきた十五匹のカラフト犬の生への闘いと、観測隊員たちの姿を描く。脚本は「人生劇場(1983)」の野上龍雄、「色ざんげ(1983)」の佐治乾、「暗室」の石堂淑朗、「キタキツネ物語 THE FOX IN THE QUEST OF THE NORTHERN SUN」の蔵原惟繕の共同執筆。監督は「青春の門 自立篇(1982)」の蔵原惟繕、撮影は「キタキツネ物語 THE FOX IN THE QUEST OF THE NORTHERN SUN」の椎塚彰がそれぞれ担当。
引用元:南極物語(1983) : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/38366/