「ドバドバ」大作戦


デビュー前のとんねるずも出演
している、1979年放送のテレビ
東京の視聴者参加番組は『所
ジョージの◯◯◯◯大爆弾』?
ロバズコド
クシタルゲ
ドバドバ(答)
19%

『所ジョージのドバドバ大爆弾』(ところジョージのドバドバだいばくだん)は、東京12チャンネル(現・テレビ東京)ほかで放送されていたゲームバラエティ番組である。製作局の東京12チャンネルでは1979年10月11日から1981年3月26日まで、毎週木曜 20:00 – 20:54 (日本標準時)に放送。

概要
一般からの参加者たちがペアを組んで出場し、一芸披露とゲームで最高賞金100万円の獲得を目指していた視聴者参加型番組である。司会を務めていたのは所ジョージで、所にとってはこれが初の司会番組となった。

番組は毎回関東地方およびその近郊のホール会場で公開生放送を行っていた。テーマ音楽やゲームの成功時・失敗時のBGMなどは、全て会場で生演奏されていた。出場者は中学生・高校生・大学生が殆どで、その中には後に芸能界入りした者も何人かいた(後述)。

「風船を破裂させないようにしつつゲームに挑戦する」企画は、『危険信号』(NHKテレビ)など本番組以外にもあったが、風船に針が迫っていくという他のゲーム番組が行っている方式ではなく、風船そのものを爆弾に見立ててどんどん膨らませていくという方式を採用していた。

出場者がゲームを成功させた場合、番組は「大成功!」という字幕を出していた。それとともに所と番組のアシスタント的な存在の「応援団」から大量の紙吹雪を投げ込まれ(紙吹雪芸はこの頃の所の芸風の一つでもある)、賞金の額を提示した電光掲示板と参加者の喜びの表情をフラッシュさせる形で映し出していた。逆に失敗した場合には、「残念無念!」「ごくろうさま!」という字幕が順番に表示され、作ったばかりの小切手を所が挑戦者の目の前でハサミで真っ二つに切ってゴミ箱に捨てる演出があった。
引用元:ドバドバ大爆弾 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%90%E5%A4%A7%E7%88%86%E5%BC%BE