ランドフスカ


忘れられた楽器だったチェンバロ
を復興させたポーランドの演奏家
ランドフスカ(答)
16%
Wanda Landowska

引用元:112884.jpg (640×480) https://kotobank.jp/image/dictionary/daijisen/media/112884.jpg

143CYmmwRn
バレエ『くるみ割り人形』で使用
され、有名になったこの楽器は?
チェレスタ(答)


フランス語では「クラブサン」という、ピアノの前身となった鍵盤楽器は◯◯◯◯◯?
チェンバロ(答)
引用元:「チェレスタ」『くるみ割り人形』で有名に 「チェンバロ」ピアノの前身・クラブサン 「コントラバス」「バンドネオン」アコーディオンに似たタンゴの楽器 「オーボエ」上管にリード・下管にベル部分がある木管楽器 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/4181/

ワンダ(ヴァンダ)・ランドフスカ(Wanda Landowska, 1879年7月5日:ワルシャワ – 1959年8月16日:コネチカット州レイクヴィル)は、ポーランド出身のチェンバロ奏者、ピアニスト。忘れられた楽器となっていたチェンバロを20世紀に復活させた立役者である。

生涯
4歳のころからピアノを始める。その後、ワルシャワ音楽院に進学しピアノの勉強を続ける。13歳の時にバッハの作品を連ねたリサイタルでデビュー。19歳の時にはベルリンで対位法の勉強を進める傍らで、モーリッツ・モシュコフスキに師事し作曲の勉強も行う。21歳の時、パリのスコラ・カントルムに招かれ教鞭をとる。同年にヘブライ民族(英語版)の音楽の研究者だったアンリ・ルーと結婚し、彼の影響でチェンバロに関心を持つようになり、やがてチェンバロの復活と普及に力を注ぐことになる。24歳になった1903年にチェンバリストとしてデビュー。翌1904年にはチェンバロによるバッハ演奏会を開き、以後チェンバロでのバッハ演奏のスペシャリストとして名を挙げることとなる。
引用元:ワンダ・ランドフスカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AB

ランドフスカ
Landowska, Wanda (Louise)
[生]1879.7.5. ワルシャワ
[没]1959.8.16. コネティカット,レークビル
ポーランドのチェンバロ奏者。ワルシャワとベルリンでピアノと作曲を学んだ。 1900年パリに行き,17~18世紀の音楽とチェンバロを研究。チェンバロ奏者として演奏活動をするとともに,ベルリン高等音楽院に新設されたチェンバロ科主任教授として弟子を育成。 25年にはパリ郊外サンルラフォレに古典音楽学校を創設した。 41年以降はアメリカに定住。バッハの研究家として知られ,著書に民俗学者であった夫 H.ルーとの共著『古典音楽』 Musique ancienne (1909) がある。
引用元:ランドフスカとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AB-148195

チェンバロ(〈イタリア〉cembalo)
16~18世紀に広く用いられた鍵盤(けんばん)楽器。打鍵すると鳥の羽軸などで作られた爪(つめ)が金属製の弦をはじいて音を出す。18世紀末以降衰退したが、近年は古楽演奏などでよく用いられる。ハープシコード。クラブサン。
引用元:チェンバロとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AD-95822

チェレスタ

小型の鍵盤(けんばん)楽器。音域は4オクターブで,キーを押すとハンマーのコルクが鉄の板をたたいて,澄明な音を出す。鉄琴に似るが,共鳴箱がついているのが特徴。1886年パリのオルガン製作者A.ミュステル〔1842-1919〕が考案し特許を取得。オーケストラで用いられることが多く,チャイコフスキーの《くるみ割り人形》(1892年)中の〈金平糖の踊り〉は,この楽器を用いた最初期の例。バルトークの《弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽》のように作品のタイトルに用いられた例もある。
引用元:チェレスタとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%BF-95768