【25】かっこう、【21】ワルトシュタイン、【12】葬送


次のベートーベンが作曲した
ピアノソナタとその通称の
正しい組み合わせを選びなさい
第25番───かっこう
第21番───ワルトシュタイン
第12番───葬送
第26番───告別
第29番───ハンマークラヴィア
第15番───田園
第17番───テンペスト
第24番テレーゼ
33%


次のベートーベンが作曲した
ピアノソナタとその通称の
正しい組み合わせを選びなさい
第8番───悲愴
第14番───月光
第23番───熱情

ピアノソナタ第25番 ト長調 作品79は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1809年に作曲したピアノソナタ。

概要
ひとつ前の第24番とこのピアノソナタが作曲された1809年は、『運命交響曲』(1808年)、『田園交響曲』(1808年)、『皇帝協奏曲』(1809年)などの大作が生み出されていた時期にあたる。一方、ピアノ曲の分野では小品が量産されており、前作同様この曲も小さな規模にまとめられている。ベートーヴェンは1810年7月21日に楽譜出版社のブライトコプフ・ウント・ヘルテルに宛てて「ト長調のソナタには『やさしいソナタ』もしくは『ソナチネ』と名付けて下さい」と書簡で希望を伝えており、初版譜ではそれに従って「ソナチネ」と題された[1]。その名の示す通り、ベートーヴェンのピアノソナタとしては演奏も容易である[2]。

第1楽章にカッコウの鳴き声に似た箇所があることから、このソナタは「かっこう」と呼ばれることがある[1][2]。楽譜は1810年9月にブライトコプフ社から出版された[1]。曲は誰にも献呈されていない。
引用元:ピアノソナタ第25番 (ベートーヴェン) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E7%AC%AC25%E7%95%AA_(%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3)

ピアノソナタ第21番 ハ長調 作品53は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したピアノソナタ。『ヴァルトシュタイン』という通称で知られる[注 1][1]。

『ヴァルトシュタイン』という通称は、この曲がフェルディナント・フォン・ヴァルトシュタイン伯爵に献呈されたことに由来する[1]。ヴァルトシュタインはボン時代からのベートーヴェンの後援者、理解者のひとりであり、若き才能に経済的援助を行うとともに精神的な支えにもなった[1]。1792年、彼はウィーンへ向けてボンを発つベートーヴェンを「モーツァルトの精神をハイドンの手から受け取りなさい」という言葉とともに送り出している[1][注 2]。
引用元:ピアノソナタ第21番 (ベートーヴェン) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E7%AC%AC21%E7%95%AA_(%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3)

ピアノソナタ第12番 変イ長調 作品26は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したピアノソナタ。第3楽章に葬送行進曲を配しているため『葬送』と通称される。
引用元:ピアノソナタ第12番 (ベートーヴェン) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E7%AC%AC12%E7%95%AA_(%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3)

4番「グランドソナタ」
8番「悲愴」
12番「葬送」
13番「幻想曲風」
14番「月光」
15番「田園」
17番「テンペスト」
21番「ワルトシュタイン」
22番「夫婦喧嘩」
23番「熱情」
24番「テレーゼ」
25番「かっこう」
26番「告別」
29番「ハンマークラヴィーア」

22番は俗称(第2楽章、左右の手で同じような旋律を弾くので、バランスが悪いと喧嘩しているように聞こえるため、「夫婦喧嘩」という俗称が付いた。)
まあそれを言うなら「月光」も俗称だ。「田園」は出版社が勝手につけたもの。「テンペスト」はシンドラー発祥かな?「ワルトシュタイン」は献呈先の名前。「熱情」は楽譜の指定がタイトルになってしまったもの。「ハンマークラヴィーア」は普通名詞。「テレーゼ」「かっこう」は通称。「葬送」は3楽章が葬送行進曲だからという分かりやすい理由。となると・・・本当にタイトルといえるのは「悲愴」と「告別」だけかな。
「告別」の第3楽章、遠くにパトロンの姿を見つけ、かけよるベートーベンの媚びる様が印象的です。
引用元:ベートーヴェンのピアノソナタで、題名のついた曲や30~32番以外で… – Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1065350290