伍代夏子、杉良太郎、山田純大


演歌歌手・伍代夏子の夫は
杉良太郎である
◯(答)
76%


2012年7月にザ・ドリフターズの
仲本工事と結婚する女性歌手です
三代純歌
みだいじゅんか(答)
現在の芸名は「純歌」のようです

伍代 夏子(ごだい なつこ、1961年12月18日 – )は、日本の演歌歌手。本名、山田 輝美。旧姓、中川。東京都渋谷区出身。夫は、杉良太郎。鴎友学園女子高等学校卒業[1]。

人物
魚屋の娘として生まれ育つ。実家は代々木八幡の井ノ頭通りの水道道路商店街で、道路拡張による区画整理まで鮮魚店を営んでいた[6]。
所属レコード会社のソニー演歌部門は「美人演歌」を売りにしており、最も芸歴の長い伍代はその長姉的存在である(伍代のほかに藤あや子、石原詢子が所属)。
同じ女性演歌歌手の坂本冬美、藤あや子とは公私共に仲が良い。またレコード会社などの後輩演歌歌手に対しても非常に面倒見が良いという。
夫の杉良太郎は、伍代のことを、「性格は男性的」「江戸っ子らしく竹を割ったような性格」「情に厚い」「親孝行」「相手に細やかな神経が使える人」などと評している[7]。
指輪や腕時計や貴金属には、全く興味が無い(2011年8月10日放送の『徹子の部屋』での杉良太郎の発言)。
藤あや子同様、漫画家の小林よしのりと面識があり、小林の作品『ゴーマニズム宣言』に何度か登場している。
V6の三宅健とは『第65回NHK紅白歌合戦』での共演がきっかけで交流が生まれた[8]。
中学校の同級生にガンプラの商品対策に携わり、川口名人と通称される川口克己がいる。
引用元:伍代夏子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8D%E4%BB%A3%E5%A4%8F%E5%AD%90

杉 良太郎(すぎ りょうたろう、1944年8月14日 – )は、日本の俳優、歌手、元財団法人日本・ベトナム文化友好協会理事長。

法務省特別矯正監、外務省日本ベトナム特別大使、ベトナム社会主義共和国ベトナム日本特別大使、厚生労働省肝炎総合対策推進国民運動特別参与、ハワイ州ホノルル市名誉市長、シンガポール日本文化協会名誉会長、麻薬追放協会会長などの肩書を持つ。

本名は、山田 勝啓(やまだ かつひろ)。兵庫県神戸市長田区宮川町出身(父親は兵庫県三原郡三原町(現:南あわじ市)出身[1]。母親は鹿児島県徳之島出身[2])。神戸市立長田小学校、神戸市立西代中学校出身。高浜海員学校(現在は移転・改組の上、国立清水海上技術短期大学校)中退。

現在の夫人は、演歌歌手の伍代夏子。息子の俳優山田純大は、先妻との間の子。また巣立った子も含め今までに100人以上のベトナムの子の里親となる[3]。

特技は合気道、段位は養神館合気道5段。栄典・表彰歴としては緑綬褒章受章、紫綬褒章受章、平成28年度文化功労者[4]など。
引用元:杉良太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E8%89%AF%E5%A4%AA%E9%83%8E