チャイコフスキー


歌劇『スペードの女王』を
作曲したロシアの音楽家は
チャイコフスキーである
◯(答)
×ムソルグスキー
36%

『スペードの女王』(ロシア語: Пиковая дама[1])作品68は、ピョートル・チャイコフスキーが作曲した全3幕(7場)のオペラ。ロシア語のリブレットは作曲者の弟であるモデスト・チャイコフスキーの執筆であり、アレクサンドル・プーシキンの小説『スペードの女王』を原作とするものの大きな改変が加えられている。初演は1890年、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で行われた[2]。

作曲の経緯
帝国劇場の経営陣はイヴァン・フセヴォロシスキーが1887年から1888年に草案を起こした筋書きに基づくオペラの作曲をチャイコフスキーに委嘱した。当初は依頼を断ったチャイコフスキーであったが、1889年に承諾することにした。彼は同年の暮れにかけて劇場の支配人らに会い、題材について議論するとともに一部のシーンの下書きを行うなどした。

オペラの総譜はフィレンツェにてわずか44日間で仕上げられた[2]。後日、主人公の役を演じることになったテノール歌手と打ち合わせを行い、第7場のゲルマンのアリアに対し異なる調性を用いて2つの版を作成している。変更点は印刷譜の第1版と第2版の校正記録と添付の書類により確認できる。

チャイコフスキーは作曲を行う傍らリブレットにも活発に手を加え、一部のテクストを変更するとともに2つのアリアに自作の歌詞を追加している。
引用元:スペードの女王 (オペラ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AE%E5%A5%B3%E7%8E%8B_(%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9)

チャイコフスキー
ロシアの作曲家。鉱山技師の子としてウラル山麓(さんろく)の鉱山町ボトキンスクに生まれる。1848年ペテルブルグに移り,法律学校を出て官吏となったが,1862年ペテルブルグ音楽院開設と同時にその一回生となり,1863年には退職して音楽に専念。1866−1878年モスクワ音楽院で教鞭(きょうべん)をとる。1868年《交響曲第1番》を発表し,続いて幻想序曲《ロメオとジュリエット》(1869年),バレエ音楽《白鳥の湖》(1876年),《交響曲第4番》(1877年),プーシキン原作のオペラ《エフゲーニー・オネーギン》(1878年)などを発表。作曲家として確固たる地位を得た。1876年からは裕福な未亡人N.vonメックの財政援助を受け,1878年教職を辞して創作活動に打ち込み,欧米各国に楽旅し名声を高めた。《交響曲第6番・悲愴》初演の9日後に急死。コレラによるものとされるが,同性愛の発覚を恐れての自殺という説も根づよく,この大作曲家の死の周辺はいまだに謎に包まれている。代表作にはほかに,ビューローに献呈された《ピアノ協奏曲第1番》(1875年),チェロと管弦楽のための《ロココ風の主題による変奏曲》(1876年−1877年),《バイオリン協奏曲》(1878年),ピアノ三重奏曲《偉大な芸術家の思い出》(1881年−1882年),オペラ《スペードの女王》(1890年),バレエ音楽《眠れる森の美女》(1889年),《くるみ割り人形》(1892年),数多くの歌曲など。ソビエト時代には演奏が禁じられた宗教音楽にも近年光が当てられつつある。なお,その名を冠した〈チャイコフスキー国際コンクール〉(音楽コンクール参照)は,バイオリン,ピアノ,チェロ,声楽の4部門からなり,世界有数のコンクールの一つ。優勝者にクレーメルなど。
引用元:チャイコフスキーとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC-96601