クリス・ブラウン


アメリカの男性R&Bシンガー
『Loyal
『Run It!』
『Ayo』
クリス・ブラウン(答)
ニーヨ
アッシャー
エイコン
マリオ(トーナメント時の出題肢)
0%

クリストファー・モーリス・ブラウン(Christopher Maurice “Chris” Brown 、1989年5月5日 – )は、アメリカ合衆国の男性歌手。身長185cm。2005年に16歳でアルバム『クリス・ブラウン』でデビュー。アルバムからのシングル「ラン・イット!」はBillboard Hot 100で1位を獲得。アルバムはアメリカ国内で200万枚を売りRIAAよりダブル・プラチナの認定を受けた[1]。

2枚目のスタジオ・アルバム『エクスクルーシヴ』は2007年11月に世界中でリリースされた。アルバムは彼の2枚目の1位獲得シングルであるT-ペインをフィーチャーした「キス・キス」、Billboard Hot 100で最高2位になった「ウィズ・ユー」の2曲のヒットシングルを生み出した[2][3]。再発盤『エクスクルーシヴ:ザ・フォーエヴァー・エディション』からの最初のシングル「フォーエヴァー」は2008年5月にリリースされBillboard Hot 100で最高2位を記録[4]。アルバムはRIAAよりプラチナ認定を受けた[1]。

ブラウンは単独での商業的な成功に加えて、ジョーダン・スパークスとデュエットした「ノー・エア」、ラッパー・バウ・ワウの「ショーティ・ライク・マイン」、リル・ママの「ショーティ・ゲット・ルーズ」などいくつかのヒット曲でフィーチャーされた[5][6][7]。ブラウンはマイケル・ジャクソンやアッシャーといった有名なR&B歌手と比較されるが、クリスは両方に音楽的に多大な影響を受けたと述べている[8]。
引用元:クリス・ブラウン (歌手) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3_(%E6%AD%8C%E6%89%8B)

Chris Brown
Chris Brownのプロフィール
1989年5月5日生まれ、ヴァージニア州タッパハノック出身。影響を受けたシンガーはマイケル・ジャクソン、サム・クック、ダニー・ハザウェイなど。
11歳でプロのシンガーを志し、13歳のときに地元のプロダクションに実力を認められてニューヨークに移住。地道にレコーディング作業を繰り返すなか、2004年に晴れてジャイヴとの契約を勝ち取った。翌2005年8月にはシングル「ラン・イット!」を引っさげて華々しくデビュー。
同曲をいきなり全米チャートの首位に送り込むと、11月にはたたみかけるようにファースト・アルバム『クリス・ブラウン』を発表。「Yo (エクスキューズ・ミー・ミス)」「ギミー・ザット」「セイ・グッバイ」「ポッピン」など、すべてのシングルをR&Bチャートのトップ5圏内にランクさせる快挙を成し遂げた。
その後、映画『ストンプ・ザ・ヤード』や『This Christmas』(日本未公開)での銀幕進出を経て、2007年11月には満を持してのセカンド・アルバム『エクスクルーシヴ』をリリース。「キスキス」(全米1位)と「ウィズ・ユー」(全米2位)のビッグ・ヒットが追い風になって、アルバムの全世界トータル・セールスは2作連続で300万枚を突破した。この勢いはとどまるところを知らず、2008年6月には新曲を加えたセカンド・アルバムの新装デラックス版『エクスクルーシヴ フォーエヴァー・エディション』を発表。ここからも「フォーエヴァー」(全米2位)がプラチナム・ディスクに輝いている。
デビュー以降の主なゲスト参加作品は、バウ・ワウ「ショーティー・ライク・マイン」(全米9位)、リル・ママ「ショーティー・ゲット・ルース」(全米10位)、ジョーダン・スパークス「ノー・エア」(全米3位)、デビッド・バナー「ゲット・ライク・ミー」(全米16位)など。
引用元:Chris Brown |曲(シングル)、アルバム、動画(PV)を音楽ダウンロード(配信)、視聴、歌詞、ランキングは【レコチョク】 2000001543 http://recochoku.jp/artist/2000001543/

NE-YO
NE-YOのプロフィール
裏方のソングライターから転身し、‘06年にアルバム『イン・マイ・オウン・ワーズ』でデビュー。同作は、シングル「ソー・シック」と共にアメリカで初登場1位となり、ビルボード・アワードで「男性R&B/HIP HOPアーティスト賞」受賞に加えて他3部門にノミネート、今年のグラミー賞でも2部門にノミネートされた。また同年には、リアーナに提供した世界的大ヒット曲「アンフェイスフル」や、ビルボードHOT100シングル・チャートで10週連続No.1を記録し、スティーヴィー・ワンダーも絶賛したビヨンセとの共作曲「イレプレイスブル」等の珠玉の楽曲の数々で多くの女性の心を掴み、引き続きソングライターとしても優れた能力を発揮した。さらには、映画デビュー作となる『Stomp the Yard』も全米1位を記録。日本でもデビュー・アルバムの大ヒットを受けて、第21回 日本ゴールドディスク大賞で「ザ・ベスト3ニュー・アーティスト」を受賞。今、Ne-Yoは世界中の注目を浴びながら、そのキャリアの第2章の幕を開ける。
引用元:NE-YO |曲(シングル)、アルバム、動画(PV)を音楽ダウンロード(配信)、視聴、歌詞、ランキングは【レコチョク】 2000001565 http://recochoku.jp/artist/2000001565/?affiliate=4350010190

Usher
Usherのプロフィール
本名アッシャー・レイモンド。1978年10月14日テネシー州チャタヌーガに生まれ。1993年に人気番組「Star Search」に応募。そこに居合せたLaFace RecordsのA&Rがすぐさまアントニオ・LA・リードに紹介し、契約。1stアルバム『Usher』をリリース。「Think Of You」などのヒットが生まれゴールド(50万枚)アルバムとなる。97年リリースのジャーメイン・デュプリ、ベイビーフェイス、テディ・ライリーという豪華プロデューサーを迎えて作られた『My Way』は「Nice & Slow」(アッシャー初の全米No.1シングル)、「My Way」というメガヒット・シングルを生み世界中で大ブレイク。全米だけで700万枚以上のセールスを達成。また俳優としての活動もこなし、ブランディが主演していた人気TVシリーズ『Moesha』への出演を皮切りに、『The Faculty』(1998年)、『She’s All That』(1999年)、『Light It Up』(1999年)、『Geppetto』(2000年)、『Texas Ranger』(2000年)と話題作に出演し、アクターとしての地位も確立。2001年夏に3rdアルバム『8701』をリリース。「U Remind Me」、「U Got It Bad」がNo.1になり、続く「U Don’t Have To Call」もTop3入りするヒットを記録。アルバムは全米で600万枚のセールスを記録。そして2004年、アッシャー本人が「今までで最高の仕上がり」と豪語する新作『Confessions』がついに完成。リル・ジョンがプロデュースした1stシングル「Yeah!」は12週連続で全米チャートNo.1を記録。続く2ndシングル「Burn」も通算8週No.1、3rdシングルの「Confessions Part II」が2週連続No.1、さらには『Confessions~Special Edition』に収録されたアリシア・キーズとのデュエット「My Boo」も6週連続No.1となり、2004年のうちなんと28週アッシャーがNo.1となる偉業を達成。2004年最も売れたアルバムと認定され、第47回グラミー賞でもトータル9部門ノミネートという快挙を達成。2005年3月23日オリジナル・ムービー「Rhythm City」を含むDVD『リズム・シティ volume1:コート・アップ』をリリース。
引用元:Usher |曲(シングル)、アルバム、動画(PV)を音楽ダウンロード(配信)、視聴、歌詞、ランキングは【レコチョク】 2000001432 http://recochoku.jp/artist/2000001432/?affiliate=4350010190

Mario
Marioのプロフィール
米国ボルチモア生まれの男性R&Bシンガー。J RECORDSの有名プロデューサー、クライヴ・デイヴィスに見出され、2001年『ドクター・ドリトル 2』のサントラ盤でファボラスと共演。注目を集める中、翌02年にシングル「ジャスト・ア・フレンド2002」を発表し弱冠15歳でデビュー。同曲や同年発表の1stアルバム『マリオ』で聴かせた声はとても15歳とは思えないディープなもので、アイドル的ルックスも相俟って日本でも人気を博することとなった。05年「Let Me Love You」が大ヒット、2ndアルバム『ターニング・ポイント』をリリース。
引用元:Mario |曲(シングル)、アルバム、動画(PV)を音楽ダウンロード(配信)、視聴、歌詞、ランキングは【レコチョク】 2000133205 http://recochoku.jp/artist/2000133205/?affiliate=4350010258