上野樹里


2007年放映のTVドラマ
『冗談じゃない!』で
織田裕二の妻を演じたのは
長澤まさみである
×(答)
◯上野樹里
68%

女だらけの家庭・職場に翻弄される男を、コミカルに描くホームドラマ。主演は織田裕二。共演は大竹しのぶ、上野樹里。
物語の主人公は、20歳年下の可憐な女性と結婚した40男。ところが結婚を境に彼の運命は一変。新妻の母親は昔の恋人だったのだ。しかも彼女は何故か二人の新居へ押しかけ同居、甘いはずの新婚生活は波乱に満ちた生活になる…。悲劇は仕事面でも重なり、これまでの地位から一転、女だらけの新しい職場で働く事になってしまう。織田が独特の間・テンションを持つ共演者たちと、絶妙かつ奇妙なバランスでコミカルな演技を繰り広げる。

高村圭太(織田裕二)は20歳年下でフランス生まれの恋人・絵恋(えれん・上野樹里)とフランスのニースに来た。彼女の両親に会う前日、ニースの街中で圭太は、学生時代に付き合っていた女性・理衣(大竹しのぶ)と再会する。しかし、「もう会うこともない」と再会の約束をせずに別れた。
翌日、圭太は絵恋の両親が経営するワイナリーを訪れ、絵恋の父・広瀬壮平(草刈正雄)と3人の娘たちと対面。しかし、そこには理衣がいて、彼女が絵恋の母親であることを知る。混乱する圭太だが、理衣はフランスに住んでおり「めったに会う機会はない」と絵恋との結婚を決めた。
引用元:冗談じゃない!|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル] http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d1669/

『冗談じゃない!』(じょうだんじゃない!)は、2007年4月15日から6月24日までTBS系列で、毎週日曜日の日曜劇場の枠、21:00~21:54(JST)に放送されていた織田裕二主演のテレビドラマ。脚本担当は伴一彦。

ストーリー
高村圭太は20歳年下の恋人絵恋(えれん)と共に、結婚の許しを得るため、彼女の故郷であるフランスのニースに赴く。そこで圭太はかつての恋人・理衣(りえ)と再会する。もう彼女と会うことはないと思っていたが、理衣こそ絵恋の母親であった。それでも結婚に踏み切ったが、まさかのリストラに遭った上に突然理衣が押しかけてしまい、圭太の心中穏やかでない日々が始まるのだった…。

キャスト
高村圭太(40):織田裕二
「パシフィック電機」技術開発部チーフ→ファミリーレストラン「ベルファミーユ」副店長→店長・山形出身・学生時代にロボットコンテストで優勝・下戸・白ワインなら酔いにくい・(理衣に似て)格闘技好き・20年前に理衣と交際・昔から理衣に振り回される・すぐむきになる・プライドが高い・納豆好き・冴子の元“ハンカチ王子”・1966年5月25日生まれ

高村絵恋(20):上野樹里
圭太の妻・「東洋学院大学」学生・広瀬家長女・フランス生まれ・格闘技好き・寝付きがいい・気が強くて口が悪い・納豆が嫌い・家出癖がある・1986年6月13日生まれ

広瀬理衣(45):大竹しのぶ
絵恋の母・圭太の元恋人・旧姓佐竹・「梅ヶ丘音大」卒・パリ留学直後に事故で指を怪我してピアニスト断念・格闘技好き・通販好き・イヤなことがあるとすぐ寝る・いたずら大好き
引用元:冗談じゃない! – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%97%E8%AB%87%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%AA%E3%81%84!

上野 樹里(うえの じゅり、1986年5月25日 – )は、日本の女優。本名、和田 樹里(わだ じゅり、旧姓:上野)。兵庫県加古川市出身。アミューズ所属。

家族
姉が二人で自身は三女で末子。母親を中学時代に病気で亡くしている。姉はDJのDJ SAORI(長姉)、シンガーソングライターの上野まな(次姉)。夫はTRICERATOPSの和田唱。義父はイラストレーター、エッセイスト、映画監督の和田誠、義母はタレントの平野レミ。義妹(夫の弟の妻)はモデルで食育インストラクターの和田明日香。
引用元:上野樹里 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E9%87%8E%E6%A8%B9%E9%87%8C