ジャン・パウル 小説『巨人』 マーラー交響曲1番『巨人』の命名元

030hGAycaaccY
マーラーの交響曲第1番『巨人』
の題名の元となった小説『巨人』
を書いた作家はジャン・◯◯◯?
◯を答えなさい
パウル
「ジャン・パウル」

>ジャン・パウル(Jean Paul, 1763年3月21日 – 1825年11月14日)はドイツの小説家。本名、ヨハン・パウル・フリードリヒ・リヒター(Johann Paul Friedrich Richter)。該博な知識に基づく機知とユーモアに富んだ中長編を発表、当時のドイツ文壇におけるシュトルム・ウント・ドランクや古典主義、ロマン主義いずれとも距離を置き独自の文学世界を作り上げた。主要作品に『ヘスペルス』『陽気なヴッツ先生』『ジーベンケース』『巨人』『生意気ざかり』『彗星』など。
>交響曲第1番ニ長調「巨人」 - マーラーの楽曲。愛読していたジャン・パウルの同名の小説から表題がつけられている。
引用元: ジャン・パウル – Wikipedia

>その長編は「巨人」titan1803と「生意気盛り」fregelyahre1804が彼の代表作であろう。
「巨人」はアルバーノという、主人公が、夢想的生活から、次第に現実に目覚めて、行動こそ人生の真の意義と見出すまでを描いた、教養小説である。邦訳現代思潮社 古典文庫に有り。
「生意気盛り」は美貌の夢想家ヴァルトがその双子で、醜くて現実家のヴルトの助けを借りて、社会的に有用な人物に成長していく様を描いた長編小説である。残念ながら未完に終わった。邦訳なし。
まあ、こうした大長編は先にも言ったように今読むのはかなり苦痛であるので、
短編の『マリアブーツの生涯』でもよんでジャンパウルの風味を知れば十分だろう。邦訳あり。
引用元: ジャン・パウル  余りにもドイツ的な作家。日本人には理解不能。 – 伽羅倶利道中夢草紙(からくりどうちゅうゆめぞうし) – Yahoo!ブログ