ロボ犬なし


アニメ『新造人間キャシャーン』
の犬型ロボット・フレンダーは
実写映画『CASSHERN』には
登場しない
◯(答)
68%

しかし、そういった改変によって、公開当時は「これは『新造人間キャシャーン』ではない」と、多くの原作ファンからバッシングを受けました。特にキャシャーンがほとんどヘルメットをかぶらないことや、また彼の相棒たる愛犬ロボット、フレンダーが登場しないこと(もっとも生身の犬としてのフレンダーは出てきます)はかなりのファンをがっかりさせてしまいました。敵のブライキング・ボスをロボットではなく新造人間に変更したのは良しとして、原作ではコワモテキャラだったのを映画ではイケメン唐沢寿明に演じさせたのも、原作を好きであればあるほど違和感を払拭できないものがあったようです。

しかし『CASSHERN』はその後イギリスやカナダ、フランス、韓国など海外で公開され、そこでかなりの反響を呼ぶことになりました。それは原作を知らないからこそ、純粋に“映画”としてのスタイリッシュな美意識の数々に魅了されていったわけで、キャストにしても伊勢谷友介や唐沢寿明などのイケメンを主格に据えたことも世界観に即していたと思います。特に唐沢寿明は原作の大ファンで、自分がブライキング・ボスを演じることそのものに大いに昂揚していたとか(現在、人気ドラマの劇場版『LAST COP THE MOVIE』でも昭和バリバリの中年オヤジ刑事を好演している彼、俳優としてのキャリアの初期はスタントマンやスーツアクターとして特撮ヒーローものに出演しており、そのキャリアを活かしたのがスーツアクターの生きざまを描いた快作『イン・ザ・ヒーロー』でした)。
引用元:純粋に“映画”として評価された『CASSHERN』 | シネマズ PLUS https://cinema.ne.jp/friday/casshern2017050517/

『CASSHERN』(キャシャーン)は、2004年公開の日本映画。1973年から1974年にフジテレビ系列で放送された、タツノコプロによるテレビアニメ『新造人間キャシャーン』を原作とする実写映画である。

概要
映像作家・紀里谷和明の商業映画監督デビュー作品。主題歌を妻(当時)の宇多田ヒカルが担当して話題になった[2]。また、豪華なキャスト陣も注目された。

主要人物の名前や家族構成、主人公のスーツやロボットのデザインイメージを原作から継承しているが、設定変更も多く、ほぼ総ての登場人物が凄惨な死を遂げる悲劇に翻案されている。理由について紀里谷は「何故戦いはなくならないのかを表現したい」[3]「ハムレットにインスパイアを受けた」[4]「見た後に、その人が何かを考える作品」[要出典]と説明している。 美術面ではCG・マット画によるロシア構成主義様式の都市景観やスチームパンクな移動機械群が登場する。舞台劇を観ているような立ち位置、台詞、構図のシーンと、細かいカットに分断され劇画的な構図変化を強調する殺陣・アクションシーンとが混在する。照明・色彩・質感は全編にわたり加工されている。本作の荒廃した世界観は2008年に製作・放映されたテレビアニメ『キャシャーン Sins』に受け継がれた。
引用元:CASSHERN – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/CASSHERN

『新造人間キャシャーン』(しんぞうにんげんキャシャーン)は、タツノコプロが制作した吉田竜夫原作のSFテレビアニメ。1973年10月2日から1974年6月25日まで、フジテレビ系で毎週火曜日19時00分 – 19時30分に、全38回(35話+再放送3話)にわたり放送された。全35話。

リメイク作品として1993年のOVA『キャシャーン』、2004年の実写映画『CASSHERN』、2008年のテレビアニメ『キャシャーン Sins』がある。本稿では1973年のテレビアニメと1993年のOVAについて解説する。日本コロムビアよりテレビアニメ版全9巻、OVA版全1巻でDVD化されている。

ストーリー
ある日、東光太郎博士の開発した公害処理用ロボット・BK-1が落雷の衝撃を受け、自我を持つ。公害の元凶となっている人間を処理すべきと考えるようになったBK-1は、ブライキングボスを自称して戦闘ロボット軍団アンドロ軍団を作り上げ、世界征服を開始する。東博士の息子の鉄也は、二度と人間に戻れない覚悟で人間と融合して完成する不死身の「新造人間」(ネオロイダー)キャシャーンとなり、ロボット犬・フレンダーや恋人のルナとともに、アンドロ軍団に立ち向かう。
引用元:新造人間キャシャーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%80%A0%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%B3