アメリカ独立戦争


メル・ギブソンが主演した
映画『パトリオット』は
湾岸戦争を描いた作品である
×(答)
◯アメリカ独立戦争
55%

解説
1763年、フレンチ・インディアン戦争が終結。有能かつ残虐な戦場の勇士だったベンジャミンは、7人の子供の父親となった今、亡き妻の願い通り暴力とは無縁の平穏な生活を送っていた。やがて独立戦争が始まり、イギリス軍がアメリカに侵入。ベンジャミンはかつて同志だったイギリス軍との戦いに乗り気ではなく、愛国心に燃える長男ガブリエルの参戦に苦い顔を見せる。しかし、家族にも戦火が迫り、イギリス将校タビントンに次男を殺された時、彼は再び銃を取ることを決意する。
引用元:パトリオット : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/1590/

『パトリオット』(The Patriot)は、2000年製作のアメリカ映画。アメリカ独立戦争を背景とするドラマを描く。

監督はローランド・エメリッヒ。主演、メル・ギブソン。

あらすじ
18世紀アメリカ。13植民地が次々とイギリス帝国に対する独立戦争に加わる中、ベンジャミン・マーティンが暮らすサウスカロライナ植民地も、開戦か恭順かの選択を迫られていた。

マーティンは、フレンチ・インディアン戦争の英雄であったが、家族を持った今は開戦に反対していた。一方でそんな父親に反発し、長男のガブリエルは大陸軍に志願して戦場へ赴き、次男のトーマスも従軍を希望していた。

しかし2年後、負傷したガブリエルが帰還する。それに伴ってマーティンの住む家のすぐそばまで迫った戦火は、ガブリエルを敵兵の囚われの身とし、トーマスを死に至らしめた。トーマスを失った怒りからマーティンは昔の本能を呼び起こし、ガブリエルを救出した後、再び戦場へと赴く。

そして旧友のバーウェル大佐を頼って大陸軍に就役し、民兵を組織してイギリス軍に襲撃を始める。その神出鬼没な戦い様から、イギリス軍から“ゴースト”の異名を受け、敵軍のタヴィントン大佐から追撃を受ける様になった彼とその仲間達は、さまざまな犠牲を払いながらもアメリカ独立の大義のために戦う。
引用元:パトリオット (2000年の映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88_(2000%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)