光石研『博多っ子純情』、木下ほうか『ガキ帝国』、寺島進『ア・ホーマンス』


次の俳優と映画デビュー作の
正しい組み合わせを選びなさい
光石研───博多っ子純情
木下ほうか───ガキ帝国
寺島進───ア・ホーマンス
0%

光石 研(みついし けん、1961年9月26日[4] – )は、日本の俳優。福岡県北九州市八幡西区出身[4]。東海大学付属第五高等学校卒業、部活はサッカー部所属。[5]。鈍牛倶楽部所属。身長173cm、体重59kg[1]。血液型はA型[1]。

来歴・人物
高校在学中の16歳の時に友人に誘われ『博多っ子純情』のエキストラのオーディションを受けたところ、いきなり主役に抜擢されてデビュー[6]。

癖のある役からおっとりとした役まで、多様なキャラクターを演じられる名脇役の1人とされる[3]。『ユダ』『あぜ道のダンディ』のような主役級でも存在感を発揮する。

2017年、地元の北九州市で開催される第4回北九州マラソンにゲストランナーとして参加、フルマラソンを完走した[7]。
引用元:光石研 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E7%9F%B3%E7%A0%94

木下 ほうか(きのした ほうか、1964年(昭和39年)1月24日 – )は、日本の俳優。男性。キャストパワー所属。かつては吉本新喜劇座員を経て、マツ・カンパニーに在籍していた。

大阪府大東市出身。大阪府立野崎高等学校、大阪芸術大学舞台芸術学科卒業。

来歴
父は一級建築士で、プールのある豪邸に住み、裕福な家庭に育った。子供時代は丘の上にある自宅から優越感に浸りながら下を見下ろして暮らしていた。高校時代は剃り込みを入れたいわゆるヤンキーファッションであったが、不良であったというよりは当時の流行のファッションに倣っていただけだという。1980年(昭和55年)、16歳のときに映画『ガキ帝国』のオーディションの新聞広告を見て応募し、合格をきっかけに同作品で俳優デビューする。その後、大阪芸術大学を卒業後、吉本興業大阪本社に入社し、吉本新喜劇に入団した。しかし新喜劇の舞台では目立つ存在になれず、加えて1980年代の新喜劇低迷期時代と重なり3年で退団した。この時期の座員(浅香あき恵・未知やすえ等)とは現在も交流があり、来阪時の飲み仲間となっている[1]。吉本新喜劇出演当時、先輩役者から「目立つな」と言われ、池乃めだかから「受け続ければ良い、上に上がれる」と励まされていた。
引用元:木下ほうか – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E4%B8%8B%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%8B

寺島 進(てらじま すすむ、1963年11月12日 – )は、日本の俳優。本名同じ。東京都江東区出身。オフィス北野所属。

来歴
男三兄弟の次男で実家は江東区深川にある畳屋。父親は日本酒を好み、ユーモアがあって丁寧な仕事をする人であるという[1]。江東区立深川第二中学校卒業、東京都立葛飾野高等学校卒業。早稲田大学第二文学部を中退後、三船芸術学院で殺陣を学び、宇仁貫三に師事。

映画のデビュー作は、松田優作監督の『ア・ホーマンス』。優作は芸能界に入って初めて自分を褒めてくれた人だと語っている。2008年9月7日に放映された『情熱大陸』の撮影中に、優作の二男・松田翔太を電話で飲みに誘い「親指みたいに小さい頃から知っている。もうかわいくてかわいくて仕方ないんだよ」と翔太との間柄を紹介。現在も優作との絆を大切にしていることがうかがえる。
引用元:寺島進 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E5%B3%B6%E9%80%B2