『くノ一忍法帖 影ノ月』


山田風太郎の小説『忍者月影抄』
を原作とした、2011年公開の
阿部真理主演の映画は
『◯◯◯◯◯◯ ◯◯◯』?
忍帖影一法ノノ月く
くノ一忍法帖影ノ月(答)
14%

解説
1990年代にビデオシリーズ、劇場版あわせて8本が製作された女忍者(くノ一)たちの活躍を描くセクシー時代劇を、原作者・山田風太郎の没後10年を記念して復活させた。派手好みの尾張藩主・徳川宗春は、質素倹約を掲げる徳川8代将軍・吉宗と対立。吉宗のスキャンダルを暴こうと甲賀の忍者たちを送り込む。一方の吉宗は、スキャンダル発覚の前にかつての愛妾(あいしょう)たちの抹殺をくノ一に命じる。主演は元グラビアアイドルの阿部真里、人気グラビアアイドルの森下悠里ら。
引用元:くノ一忍法帖 影ノ月 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/56157/

山田 風太郎(やまだ ふうたろう、1922年(大正11年)1月4日 – 2001年(平成13年)7月28日)は、日本の小説家。本名は山田 誠也(せいや)。伝奇小説、推理小説、時代小説の3分野で名を馳せた、戦後日本を代表する娯楽小説家の一人である。東京医科大学卒業、医学士号取得。

『魔界転生』や忍法帖シリーズに代表される、奇想天外なアイデアを用いた大衆小説で知られている。『南総里見八犬伝』や『水滸伝』をはじめとした古典伝奇文学に造詣が深く、それらを咀嚼・再構成して独自の視点を加えた作品を多数執筆した。

2010年、その名を冠した「山田風太郎賞」が創設された[1]。

忍法帖とブーム
『妖異金瓶梅』の後、同じく四大奇書である『水滸伝』を翻案しようと模索するが、108もの武術を考えるに至らず、かわりに忍法という奇想天外な術を用いて活躍する忍者たちの小説を構想する。

1958年(昭和33年)に発表した『甲賀忍法帖』を皮切りとする忍法帖もので流行作家となる。これは安土桃山時代から江戸時代を舞台として、想像の限りを尽くした忍法を駆使する忍者たちの死闘を描いた作品群である。1963年(昭和38年)から講談社より発売された『山田風太郎忍法全集』は全10巻の予定であったが、刊行途中で連載を終えた『柳生忍法帖』の上・中・下巻と短編集2冊を加えて全15巻となり、累計で300万部を売り上げるベストセラーとなった。

その後も掲載紙を問わずに多数の長編・短編が執筆された。その中には細部の設定を詰めずに連載を開始したものも多かった。特に柳生十兵衛三部作の第一作『柳生忍法帖』は当初は『尼寺五十万石』と題され十兵衛が登場する予定はなく、第二作『魔界転生』は、どんな忍法が登場しても大丈夫なように適当な題名『おぼろ忍法帖』をつけたものの、結局内容にそぐわなくなった。そのため『尼寺五十万石』は単行本化の際に、『おぼろ忍法帖』は角川文庫収録時に『忍法魔界転生』、後述する1981年の映画化の際に現行の題名に改題された。

再評価・影響
忍法帖シリーズ
1990年代に入ってから、忍法帖シリーズはリバイバルと言える状況が2つの要因により発生した。一つはオリジナルビデオ(Vシネマ)のブームの中で、『くノ一忍法帖』をタイトルに冠したシリーズが発表されたことである。これらはいわゆるエロ・グロ・ナンセンスが強調され、くノ一が全く存在しない作品であっても登場させ、お色気シーンを加えたりするというものがほとんどである。他では映像化されていない忍法帖作品(『秘戯書争奪』や『自来也忍法帖』)が原作として取り上げられた点は貴重であるが、Vシネマとしての忍法帖は『山田風太郎原作の作品』というよりは『くノ一忍法帖』というブランドとして扱われている。
引用元:山田風太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E9%A2%A8%E5%A4%AA%E9%83%8E