カラフ『トゥーランドット』


イタリアの作曲家プッチーニの
オペラ『トゥーランドット』で
姫と結ばれる王子の名は◯◯◯?
◯を答えなさい
カラフ(答)
24%

143hLikfVfZrm
次のうち、イタリアの作曲家
プッチーニのオペラを
1つ選びなさい
ニーベルングの指環 「ワーグナー」
蝶々夫人(答)
トスカ(答)
フィガロの結婚 「モーツァルト」
ラ・ボエーム(答)
アイーダ 「ヴェルディ」
リゴレット 「ヴェルディ」
椿姫 「ヴェルディ」

CIMG6819miigSOwj
次のうち
プッチーニ作曲のオペラ
『トスカ』の登場人物を
全て選びなさい
ザラストロ 『魔笛』モーツァルト
スポレッタ スカルピアの副官
カヴァラドッシ(答)トスカの恋人

スカルピア(答)ローマ警察のトップ、悪役
ビリュンヒルデ 『ニーベルングの指輪』ワーグナー
アムネリス 『アイーダ』ジュゼッペ・ヴェルディ
ピンカートン 『蝶々夫人』プッチーニ
スパラフチーレ 『リゴレット』ジュゼッペ・ヴェルディ
レオノーレ 『フィデリオ』ベートーベン
アルマヴィーヴァ伯爵 『フィガロの結婚』モーツァルト
マントヴァ公爵 『リゴレット』ジュゼッペ・ヴェルディ
引用元:デビッド・「ベラスコ」『蝶々夫人』の原作者 女中スズキ プッチーニのオペラ『蝶々夫人』『トスカ』『ラ・ボエーム』 『トスカ』登場人物「カヴァラドッシ」「スカルピア」 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/15653/

ウィキポータル クラシック音楽 ポータル クラシック音楽
『トゥーランドット』(Turandot)は、フランソワ・ペティ・ド・ラ・クロワ(François Pétis de la Croix)が1710年〜1712年に出版した『千一日物語』(原題Les Mille et un Jours 、『千一夜物語』とは別の作品)の中の「カラフ王子と中国の王女の物語」に登場する姫の名前であり、また、その物語を基にヴェネツィアの劇作家カルロ・ゴッツィが1762年に著した戯曲、および、それらに基づいて作曲された音楽作品である。上記に該当する音楽作品は複数存在するが、本項では、これらのうち最も有名なジャコモ・プッチーニのオペラ『トゥーランドット』について記述する。

主な登場人物
トゥーランドット姫 (ソプラノ)
中国の皇帝アルトゥーム、トゥーランドットの父 (テノール)
ティムール、ダッタン国を追われた盲目の廃王 (バス)
身分を隠している名前の知れない王子(実はカラフ)、ティムールの息子でダッタン国の王子 (テノール)
リュー、若い娘。ティムールと王子に仕え、王子に密かに想いを寄せる召使 (ソプラノ)

あらすじ
時と場所:いつとも知れない伝説時代の北京

第1幕
宮殿(紫禁城)の城壁前の広場。役人が群衆に宣言する「美しいトゥーランドット姫に求婚する男は、彼女の出題する3つの謎を解かなければならない。解けない場合その男は斬首される」今日も謎解きに失敗したペルシアの王子が、月の出とともに斬首されるべく、喝采する群衆の中を引き立てられてくる。敗戦により、国を追われて放浪中の身であるダッタン国の王子カラフは、召使いのリューに手を引かれながらさ迷う盲目の父、ダッタン国の元国王ティムールを発見し、3人は互いに再会を喜ぶ。ペルシア王子処刑の様子を見にトゥーランドット姫が広場に現れ、カラフは一目見てその美しさの虜となる。ティムール、リュー、そして宮廷の3大臣ピン、ポン、パンが思いとどまるよう説得するが、カラフはトゥーランドットの名を叫びながら銅鑼を3回打ち鳴らし、自らが新たな求婚者となることを宣言する。第1幕では、トゥーランドット姫は一切声を発さない。
引用元:トゥーランドット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%88