小林隆


脇役で活躍する俳優
東京サンシャインボーイズ
『真田丸』片桐且元
『古畑任三郎』向島音吉
遠山俊也
野間口徹
小林隆(答)
木下ほうか
27%

小林 隆(こばやし たかし、1959年8月20日 – )は、日本の俳優。ケイファクトリー所属。血液型O型。

主な作品
テレビドラマ
『古畑任三郎』シリーズ
『新選組!』
『華麗なる一族』
映画
『ステキな金縛り』

来歴・人物
埼玉県川越市出身。埼玉県立松山高等学校卒業、明治大学文学部文学科英文学専攻卒業。

明治大学在学中は体育会ヨット部に所属。4年時にはスナイプ級で関東インカレ団体優勝。

三谷幸喜が主宰していた劇団東京サンシャインボーイズの出身で、三谷作品には常連起用されている。

当たり役は『古畑任三郎』シリーズの向島音吉役や『新選組!』の井上源三郎役。

2014年には市村正親の病気療養に伴う代役として、オムニバスドラマ『おやじの背中』最終話の主演に抜擢された[1]。
引用元:小林隆 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E9%9A%86

遠山 俊也(とおやま としや、1962年8月31日 – )は、日本の俳優。シス・カンパニー所属。新潟県出身。新潟南高校、東洋大学卒業。1986年劇団夢の遊眠社入団。

主な作品
テレビドラマ
『踊る大捜査線』シリーズ
引用元:遠山俊也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E5%B1%B1%E4%BF%8A%E4%B9%9F

野間口 徹(のまぐち とおる[2]、1973年10月11日[2] – )は、日本の俳優。

ダックスープ所属[4]。福岡県出身[2]。

主な作品
テレビドラマ
『弁護士 灰島秀樹』
『SP 警視庁警備部警護課第四係』
『戦力外捜査官』
映画
『ゼロの焦点』
『SP THE MOTION PICTURE』
『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』
バラエティ番組
『サラリーマンNEO』

略歴
「将来は教師になろうか」と漠然と考えていたが、信州大学農学部在学中に演劇サークルで芝居も会話も上手い先輩に出会えたことで演劇活動を開始[4][1]。1999年、嶋村太一、竹井亮介とともにコントユニット「親族代表」を結成し、年に1 – 2回の公演を行う[4][5]。舞台での活動を続けながらも30歳までにメディアの仕事が入らなければ辞めようと考えていたが、29歳でCMの仕事が入り始め、2007年の34歳の時、フジテレビ系のテレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』で主演の岡田准一をストーカーのように監視する公安の田中一郎役でレギュラー出演してからは次々と仕事が入るようになる[1][6]。それまでは俳優業だけでは食べていけなかったためタクシー会社で無線をとるアルバイトもしていたが、翌年の35歳の時、「もうバイトしなくても大丈夫」と妻から言われ、アルバイトは辞めた[1][7][8]。

脇役としての出演が多く、「一度は顔を見たことがあるのに名前は出てこない俳優」と言われることもあるが、本人は主役よりバイプレーヤーの方が性に合っており[9]、主役を輝かせる立場で演技をする脇役にこそ生きがいを感じると話している[10]。

特技は水泳[2]。既婚で3児の父[3]。
引用元:野間口徹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E9%96%93%E5%8F%A3%E5%BE%B9

木下 ほうか(きのした ほうか、1964年(昭和39年)1月24日 – )は、日本の俳優。男性。キャストパワー所属。かつては吉本新喜劇座員を経て、マツ・カンパニーに在籍していた。

大阪府大東市出身。大阪府立野崎高等学校、大阪芸術大学舞台芸術学科卒業。

主な作品
映画・Vシネマ
『ガキ帝国』
『岸和田少年愚連隊』
『SWinG maN』
『寝ずの番』
『次郎長三国志』
テレビドラマ
『京都殺人案内』
『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』
バラエティ
『痛快TV スカッとジャパン』

1989年(昭和64/平成元年)、井筒和幸を頼って上京。マツ・カンパニーを経て、2011年(平成23年)にキャストパワーに所属している。当初はVシネマを中心に活動していたが、近年はテレビドラマやバラエティ番組への出演も増えており、人気バイプレイヤーの一人として活躍している。

上京後は、業界関係者やプロデューサーなどの飲み会に積極的に参加し、女性を同伴してプロデューサーに気に入られる作戦をとったり、名刺を配るなどして人脈を広げた。また、あえて才能のある後輩を紹介することで関係者の信頼を徐々に獲得していった。『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』は、配布した名刺がきっかけで出演することとなった。
引用元:木下ほうか – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E4%B8%8B%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%8B