ヴェルディのオペラ『アイーダ』 将軍ラダメス 王女アムネリス 祭司長ラムフィス エチオピア王アモナズロ

037eZAIhHevZo
ヴェルディのオペラ『アイーダ』
でアイーダと恋に落ちる
エジプトの将軍は◯◯◯◯?
◯を答えなさい
ラダメス

CIMG2159agolbkKVsFFF
CIMG2160NLAIfSxSWXat
ヴェルディのオペラ『アイーダ』
で『アイーダ』と恋に落ちる
エジプトの将軍はラダメスですが

ラダメスに恋するエジプトの王女
は◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
アムネリス

CIMG9180imiLdpebJAWu
ラムフィス
アモナズロ
アムネリス
ラダメス
『ラ・ボエーム』
『魔弾の射手』
『アイーダ』(答)
『フィデリオ』

『アイーダ』 (伊: Aida) は、ジュゼッペ・ヴェルディが作曲し、1871年に初演された全4幕から成るオペラである。ファラオ時代のエジプトとエチオピア、2つの国に引裂かれた男女の悲恋を描き、現代でも世界で最も人気の高いオペラのひとつである。また第2幕第2場での「凱旋行進曲」の旋律は単独でも有名である。
>エジプト国王(ファラオ)(バス):約45歳。威厳に満ち、堂々とした態度。
アムネリス(メゾソプラノ):エジプト王女。20歳。とても活発。性格は激情的で、感受性に富む。
アイーダ(ソプラノ):エチオピア王女で女奴隷。肌は暗く赤みがかったオリーブ色。20歳。愛情、従順さ、優しさ――これらがこの人物の主要な特質をなす。
ラダメス(テノール):軍隊の指揮官。24歳。情熱的な性格。
ラムフィス(バス):祭司長。50歳。確固とした性格。専制的で残忍。態度は威厳に満ちている。
アモナズロ(バリトン):エチオピア王であり、アイーダの父。肌は暗く赤味がかったオリーブ色。40歳。御しがたい戦士で、祖国愛にあふれている。性格は衝動的で暴力的。
>エチオピア軍がエジプトに迫るとの噂が伝わっている。祭司長ラムフィスは司令官を誰にすべきかの神託を得、若きラダメスにそれとなく暗示する。ラダメスは王女アムネリスに仕える奴隷アイーダ(実はエチオピアの王女だが、その素性は誰も知らない)と相思相愛であり、司令官となった暁には勝利を彼女に捧げたいと願う。アムネリスもまた彼に心を寄せており、直感的にアイーダが恋敵であると悟り、激しく嫉妬する。
引用元: アイーダ – Wikipedia.