『吾輩は主婦である』宮藤官九郎『吾輩は猫である』登場人物 鈴木藤十郎 多々良三平『三四郎』モデル小宮豊隆

150dROyZXF
宮藤官九郎脚本、斉藤由貴主演に
よる、2006年放映のTBSお昼の
ドラマは『吾輩は◯◯である』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
しゅふ(答)
『吾輩は主婦である』
52%

027ZBRdckTENA
次のうち、夏目漱石の小説
『吾輩は猫である』の
登場人物を全て選びなさい
里見美禰子 『三四郎』
鈴木藤十郎◯
多々良三平◯
越智東風◯
八木独仙◯
水島寒月◯
長井代助 『それから』
野中宗助 『門』
CIMG6956tIIXwDgfuDgT
『吾輩は猫である』にも影響を
与えた、ドイツの作家ホフマンの
小説は『牡猫○○の人生観』?
○を答えなさい
ムル
『牡猫ムルの人生観』

CIMG6774
夏目漱石の小説『三四郎』の
主人公のモデルとして有名な
文芸評論家は◯◯豊隆?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
こみや
「小宮豊隆」

『吾輩は主婦である』(わがはいはしゅふである)は、2006年5月22日から7月14日までTBS系列「愛の劇場」(月-金13:00~13:30)で放送されていた日本のテレビドラマ。
>『木更津キャッツアイ』や『タイガー&ドラゴン』で知られる人気脚本家の宮藤官九郎とTBSプロデューサー磯山晶の名コンビがタッグを組み手がけた初の昼ドラマとして大きな話題となった。また斉藤由貴・及川光博・竹下景子という豪華なキャストと、主婦に夏目漱石が乗り移るという大胆な物語も話題に[要出典]。
>矢名みどり(斉藤由貴)はごく普通の専業主婦。学生時代のミュージカル研究会の仲間で、レコード会社に勤務する矢名たかし(及川光博)と結婚し、2人の子供・まゆみ(東亜優)とじゅん(荒井健太郎)に恵まれて幸福な生活を送っていた。しかし、たかしが会社を辞めた事がきっかけでビンボー生活に陥り、マンションを引き払って、たかしの母・ちよこ(竹下景子)宅に転居。さらにお金のやりくりに頭を悩ませたみどりに、旧千円札の夏目漱石の魂が宿ってしまう…!!
引用元:吾輩は主婦である – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%BE%E8%BC%A9%E3%81%AF%E4%B8%BB%E5%A9%A6%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B

『吾輩は猫である』(わがはいはねこである)は、夏目漱石の長編小説。中学校の英語教師である珍野苦沙弥の家に飼われている猫である「吾輩」の視点から、珍野一家や、そこに集う彼の友人や門下の書生たち、「太平の逸民」(第二話、第三話)の人間模様を風刺的・戯作的に描いた、漱石の処女小説である。「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。」という書き出しは有名。1905年1月、『ホトトギス』に発表され、好評を博したため翌年8月まで継続した。
>珍野 苦沙弥(ちんの くしゃみ)
猫「吾輩」の飼い主で、文明中学校の英語教師(リーダー専門)。父は場末の名主で(第九話)、その一家は真宗(第四話)。年齢は、学校を卒業して9年目か(第五話)、また「三十面(づら)下げて」と言われる(第四話)。妻と3人の娘がいる。偏屈な性格で、胃が弱く、ノイローゼ気味である(漱石自身がモデルとされる)。
>水島 寒月(みずしま かんげつ)
苦沙弥の元教え子の理学士で、苦沙弥を「先生」とよぶ。なかなかの好男子(寺田寅彦がモデルといわれる)。戸惑いしたヘチマのような顔(第四話)。富子に演奏会で一目惚れする。高校生時代からバイオリンをたしなむ。吸うタバコは朝日と敷島。
>越智 東風(おち とうふう)
新体詩人で、寒月の友人。「おち こち」と自称している。故郷は鰹節の名産地。絶対の域に至る道は愛の道と芸術の道であり、夫婦の愛がすべての愛の代表であるから未婚でいることは天の意志にそむくことになるという(第十一話)。
>八木 独仙(やぎ どくせん)
哲学者。長い顔にヤギのような髭を生やし、意味不明な警句を吐くが、誰も分からない。40歳前後。
>鈴木 籐十郎(すずき とうじゅうろう)
苦沙弥、迷亭の学生時代の同級生。工学士。九州の炭鉱にいたが東京詰めになる(月給250円+盆暮の手当)。金田家に出入りし、金田の意を受けて苦沙弥の様子をさぐる。
引用元: 吾輩は猫である – Wikipedia.

おすねこムルのじんせいかん【牡猫ムルの人生観 Lebens‐Ansichten des Katers Murr】
ドイツの作家E.T.A.ホフマンの長編小説。第1巻1820年,第2巻1822年刊。正式の題名は〈ならびに偶然まじり込んだ楽長ヨハネス・クライスラーの伝記断片〉という添書きをともなう。学をつんだ牡猫ムルは若い世代のために自分の生涯の回想録を書くが,その際,《楽長クライスラー伝》なる書物のページをやぶいて吸取紙もしくは下敷きとして使い,それがそのまま原稿にまじって印刷されたために,ムルの回想はしばしばクライスラー伝の断片によって中断される。
引用元: 牡猫ムルの人生観とは – コトバンク.

小宮 豊隆(こみや とよたか、1884年(明治17年)3月7日 – 1966年(昭和41年)5月3日)は日本の独文学者、文芸評論家、演劇評論家、日本学士院会員。
>漱石の『三四郎』のモデルとしても知られる。俳号の逢里雨(ほうりう)は、豊隆の音読み(ほうりゅう)に別の字を宛てたもの。子に同じく独文学者の小宮曠三がいる。
引用元: 小宮豊隆 – Wikipedia.