J・F・ワーグナー



運動会によく使われる曲で
『ワシントン・ポスト』の
作曲者はスーザですが

『双頭の鷲の旗の下に』の
作曲者は?
J・F・ワーグナー(答)
ヘルマン・ネッケ 『クシコス・ポスト』
スーザ
カバレフスキー 『道化師のギャロップ』
53%


この題名のオペラで有名な
イタリアの作曲家は?
(道化師・クラウンの画像)
レカルロオンヴァ
レオンカヴァルロ(答)


イタリアのレオンカヴァルロ
が作曲したオペラです
道化師
どうけし(答)
引用元:「ウラジミール・ホロヴィッツ」義父はトスカニーニ https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/33555/


『道化師』
『カヴァレリア・ルスティカーナ』
『トゥーランドット』
19世紀から20世紀初期に流行
ヴェリズモ・オペラ(答)


『われ、もし王者なりせば』
『カルメン』
『ホフマン物語』
語りの台詞の入ったオペラ
ヴェリズモ・オペラ
オペラ・セリア
オペラ・ブッファ
オペラ・コミーク(答)
引用元:オペラ・コミーク『われ、もし王者なりせば』 『カルメン』 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/34876/

008RSAKVcBIXx
シチリアの村を舞台にした
イタリアの作曲家マスカーニ
のオペラは『カバレリア・
◯◯◯◯◯◯◯』?
カルーティスナ
ルスティカーナ(答)
『カバレリア・ルスティカーナ』
Cavalleria Rusticana
引用元:『カバレリア・ルスティカーナ』 マスカーニのオペラ https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/2583/

『ワシントン・ポスト』(英語: The Washington Post)は、1889年にジョン・フィリップ・スーザによって作曲されたアメリカ合衆国の愛国的な行進曲。アメリカをはじめ多くの国で、スーザの最も有名な行進曲の1つとして親しまれている。
引用元:ワシントン・ポスト (行進曲) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88_(%E8%A1%8C%E9%80%B2%E6%9B%B2)

『双頭の鷲の旗の下に』(そうとうのわしのはたのもとに、ドイツ語: Unter dem Doppeladler、英語: Under the Double Eagle)作品159は、ヨーゼフ・フランツ・ワーグナーが1880年代(1902年という説も)に作曲した行進曲。『双頭の鷲の下に』と呼ばれることもある。

明快かつリズミカルな曲調でワーグナーが当時オーストリア=ハンガリー帝国の軍楽隊長であった時期に作曲したものであり、曲名にある「双頭の鷲」は同国のシンボルである。日本では運動会などの行進曲としてよく用いられる。
引用元:双頭の鷲の旗の下に – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8C%E9%A0%AD%E3%81%AE%E9%B7%B2%E3%81%AE%E6%97%97%E3%81%AE%E4%B8%8B%E3%81%AB

『クシコス・ポスト』 (Csikos Post) は、ドイツの作曲家ヘルマン・ネッケが作曲した楽曲である。


『クシコスの郵便馬車』という邦題で呼ばれることもあるが、原題の “csikós”(チコーシュ)はハンガリー語で「馬に乗る人」を、”Post”(ポスト)はドイツ語で「郵便」をそれぞれ意味し、”Csikos Post”全体では「郵便馬車」という意味である。このため、邦題のひとつである『クシコスの郵便馬車』は、”Csikos”を地名と誤解したために誤って付けられたとする説があり、現在はクシコス・ポストと呼ばれることが一般化している。

一方、”csikós”はカウボーイに似た馬使いのことであり、”Csikos Post”は馬を使った曲芸のことであるとする説もある[1][2]。

日本では、運動会でよく親しまれる楽曲である。運動会では吹奏楽または管弦楽で演奏されるものがよく聴かれるが、原曲はピアノ曲とされる。長らく日本以外ではほとんど知られていない曲であったが、近年では『ヨッシーのクッキー』や『ダウンタウン熱血行進曲』などの日本製ゲームソフトでよく使用されているために徐々に知られるようになっている。
引用元:クシコス・ポスト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88

組曲『道化師』(露: Комедианты)作品26は、ドミトリー・カバレフスキーが1939年に作曲した全10曲から成る管弦楽曲。演奏時間は約16分。カバレフスキーの作品中、最も有名なもので、特に第2曲の「ギャロップ(道化師のギャロップ)」は単独で演奏されることが多い。
引用元:道化師 (カバレフスキー) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E5%8C%96%E5%B8%AB_(%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC)