『葵 徳川三代』


2000年の大河ドラマ
語り手は中村梅雀
脚本はジェームス三木
主演は津川雅彦と西田敏行
『葵 徳川三代』(答)
『花の乱』
『草燃える』
『八代将軍吉宗』
63%

019IXEOWABBkq
次の大河ドラマを
主演俳優ごとに
グループ分けしなさい

渡辺謙西田敏行竹中直人
葵徳川三代
独眼竜政宗
秀吉
炎立つ

030qKAljwchYB
次のタレントを
NHK『大河ドラマ』に主演した
ことがあるかないかで
グループ分けしなさい

あるない参考事項
木村拓哉
藤原竜也
福山雅治『龍馬伝』坂本龍馬
松山ケンイチ『平清盛』平清盛
櫻井翔
妻夫木聡『天地人』直江兼続
香取慎吾『新選組!』近藤勇
東山紀之『琉球の風』啓泰
滝沢秀明『義経』源義経

引用元:香取慎吾『新選組』渡辺謙『独眼竜政宗』『炎立つ』西田敏行『葵徳川三代』竹中直人『秀吉』 『春の坂道』中村錦之助「柳生宗矩」 『天地人』妻夫木聡「直江兼続」 『龍馬伝』福山雅治「坂本龍馬」 『平清盛』松山ケンイチ「平清盛」 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/8727/

『葵 徳川三代』(あおい とくがわさんだい)は、NHKが2000年1月9日から12月17日に放送された39作目の大河ドラマ。

概要
豊臣秀吉の死の翌朝から、江戸幕府を樹立した徳川家康・秀忠・家光の3代の治世を、関ヶ原の戦い、豊臣政権の消滅、朝廷との関係、徳川幕府の成立の過程を中心に描く。初期は戦国ドラマ、中期と末期は政治劇の要素が強くなる。放送年である西暦2000年が関ヶ原の戦い(西暦1600年)から400周年に当たることから、第1回は「総括関ヶ原」と銘打って関ヶ原の戦いをダイジェストで放送し、第2回から13回まで関ヶ原に至る内容を遡る形で描かれた。関ヶ原の戦いの合戦シーンは多額の制作費をかけた映画並みの迫力となり、映像や甲冑は史実再現性も高い。CGが効果的に使われたことも特徴である。大河ドラマ初の全編ハイビジョン作品。

物語の中期と末期は政治劇の様相が強く、歴史書並に「○○がM月に亡くなった」云々など細かい事項まで取り込んでいる。劇中の解説は中村梅雀演じる徳川光圀が担当した。第2回の登場シーンに表示されたテロップ「明暦三年(1657年)」は光圀が『大日本史』編纂に着手した年である。

将軍
徳川家康(とくがわ いえやす)
演:津川雅彦
前述の通り短気な謀略主義者としての側面が強調されていたが、同時に家族思いの側面も描かれる。また、『徳川家康』などのように秀吉の遺志を慮ったわけではないが、かつて織田家が豊臣家の配下となったように、豊臣家が徳川家に屈服することを期待して大坂の陣を極力避けようとしており、夏の陣で秀頼と淀殿が自害した折は憮然としていた。少々口が悪いところがあり、また戦国武将としての用心深さと非情さから、温厚だが曲がったことを嫌う秀忠と対立することもあったが、実際は2人の関係は良好で、臨終の床では秀忠の「へたくそな鼓」を聴きながら息を引き取った。
徳川秀忠(とくがわ ひでただ)

演:西田敏行
家康の三男。妻・お江の尻に敷かれて飼い馴らされている頭の上がらない恐妻家。関ヶ原の戦いには中山道を通って西に向かうも遅参する。その後も武将として頼りない性格ゆえに父・家康を悩ませる。将軍職を継いだ当初は大御所・家康や重臣たちに支えられてなんとか政務をこなす有様だったが、徐々に将軍としての威厳を身に付け、乱行の収まらない忠輝・忠直や自分の意に従わない朝廷に対して断固たる態度をとる様になる。その一方で死の直前まで家光と忠長の不和に心を痛め続けた。

徳川家光(とくがわ いえみつ)
(竹千代→徳川家光)
演:尾上辰之助(幼年期〜少年期:内田雅楽→吉永和真→佐藤圭祐→酒井長輝→山田孝之)
秀忠の次男。将軍家の世継ぎとして家康の命により母・お江とは引き離され、お福や傅役に養育される。幼少時から変わり者で、頼房と夜の町を徘徊し、女装するなど奇行も目立ち、お江には将軍家の世継ぎにはふさわしくないと思われていたが、最終的には三代将軍を継承する。プライドが高く、当初は公家の増長ぶりに反発し、御台所の孝子を遠ざけたり後水尾天皇の江戸行幸を迫ったりしたが、秀忠の死後は朝廷への歩み寄りを見せた。
引用元:葵 徳川三代 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%B5_%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E4%B8%89%E4%BB%A3