『郵便配達は二度ベルを鳴らす』


映画監督ルキノ・ビスコンティの
デビュー作のタイトルは
『地獄に堕ちた勇者ども』
である
×(答)
◯『郵便配達は二度ベルを鳴らす』
52%

182lDgeuTXGRQ
イタリアの映画監督
ルキノ・ビスコンティの
遺作となった作品は
『家族の肖像』である
×
◯『イノセント』
引用元:『イノセント』 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/1845/

『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(ゆうびんはいたつはにどベルをならす、イタリア語: Ossessione, 「妄執」の意)は、1942年(昭和17年)製作のイタリア映画、ルキノ・ヴィスコンティ監督の長編処女作である。

概要
原作はジェームズ・M・ケインの『郵便配達は二度ベルを鳴らす』だが、クレジットでは示されていない。原作者の許諾を得ることなく映画化された違法な作品であるため、イタリア公開時に数日で上映禁止となり、長らく「幻の処女作」と呼ばれていた。アメリカでの公開はヴィスコンティの死後、1976年のニューヨーク・フィルム・フェスティバルであった。日本ではタイトルをケインの小説に合わせて1979年に公開された。

ストーリー
北イタリア、ポー川の食堂にジーノ(マッシモ・ジロッティ)が現れる。店主ブラガーナ(ファン・デ・ランダ)の歳の離れた美しい妻ジョヴァンナ(クララ・カラマイ)はジーノに惹かれ、彼を雇うように夫を説得する。ジーノとジョヴァンナはブラガーナの留守中に肉体関係を持ち、駆け落ちしようとするが、ジョヴァンナは途中で罪悪感に襲われて引き返してしまう。

ジーノは1人で放浪を続け、ジョヴァンナを忘れようとするが、旅先の港町でブラガーナ夫婦と再会してふたたび店に戻ってしまう。2人はブラガーナの殺人を計画し、自動車事故を装って実行する。

しかし新しい生活を始めた2人のあいだには終始気まずい雰囲気が流れ、ジーノは別の女のところへ入り浸るようになる。一方、警察はブラガーナが殺害されたことを確信し、2人を指名手配した。ジーノはジョヴァンナが密告したのではないかと疑ったが、彼女の一途な愛と、彼の子を身ごもっている事実を知って再出発を決意する。しかし車で旅立とうという矢先、トラックと衝突して彼女は死んでしまった。
引用元:郵便配達は二度ベルを鳴らす (1942年の映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%B5%E4%BE%BF%E9%85%8D%E9%81%94%E3%81%AF%E4%BA%8C%E5%BA%A6%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%92%E9%B3%B4%E3%82%89%E3%81%99_(1942%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)