ジェーン・カンピオン


映画『ピアノ・レッスン』で
女性初のカンヌ国際映画祭
パルム・ドールを受賞した
監督はジェーン・◯◯◯◯◯?
フッケマナ
ワンピオネ
カォスタン
33%

ジェーン・カンピオン(Jane Campion、1954年4月30日 – )は、ニュージーランド出身の映画監督、脚本家。世界的に映画界で成功した女性映画監督の一人。

主な作品
『エンジェル・アット・マイ・テーブル』
『ピアノ・レッスン』
『ある貴婦人の肖像』
『トップ・オブ・ザ・レイク ~消えた少女~』

1993年に公開された『ピアノ・レッスン』で女性監督として初、またニュージーランド出身の映画監督として初となるカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。また、アカデミー脚本賞、主演女優賞、助演女優賞、脚本賞、セザール賞外国語映画賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞ほか各国の映画賞も受賞した。
引用元:ジェーン・カンピオン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%94%E3%82%AA%E3%83%B3

『ピアノ・レッスン』(The Piano)は、1993年公開のフランス、ニュージーランド、オーストラリアによる合作映画。監督・脚本はジェーン・カンピオン。主演はホリー・ハンター、ハーヴェイ・カイテル。第46回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品。

概要
19世紀のニュージーランドを舞台に、ピアノの音色を言葉代わりにする女性と、原住民マオリ族に同化した一人の男性との激しい愛を描いた恋愛映画。

第66回アカデミー賞において作品賞を初めとした8部門にノミネートされ脚本賞、主演女優賞、助演女優賞の3部門で受賞を果たした。助演女優賞を受賞したアンナ・パキンの11歳での受賞は『ペーパー・ムーン』でのテータム・オニール(当時10歳)に次ぐ史上2番目の若さでの受賞であった。

イギリスの作曲家、マイケル・ナイマンによるサウンドトラックは注目を集め、全世界で300万枚以上の売り上げを誇った。特にメインテーマとも言うべきピアノソロ曲『楽しみを希う心』は印象的で、劇中では主役のホリー・ハンターが自身で演奏を行っている。
引用元:ピアノ・レッスン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3