デニス・ウィルソン


1983年に亡くなった音楽グループ
ビーチ・ボーイズのメンバーは
ブライアン・ウィルソンである
×(答)
◯デニス・ウィルソン
51%

デニス・カール・ウィルソン(Dennis Carl Wilson, 1944年12月4日 – 1983年12月28日)は、ザ・ビーチ・ボーイズの結成メンバーの一人。

デニスはウィルソン兄弟の二番目であった。いとこのマイク・ラヴに促され、兄のブライアン・ウィルソンをさそってサーフ・ミュージックを演奏するバンドを結成した。ザ・ビーチ・ボーイズは1961年8月に父親のマレー・ウィルソンの手引きで結成され、直ちに大きな成功を獲得した。バンド名はカリフォルニア州のサーフィン文化から名付けられたが、バンドのメンバーで実際にサーフィンを行っていたのはデニスのみであった。ブライアンにサーフィンについての曲を書くように提案したのも彼である。

1983年12月28日、泥酔状態のデニスはロサンゼルスのマリーナ・デル・レイで友人の所有するヨット「エメラルド号」(当時窮乏していたデニスは自らのヨット「ハーモニー号」を売ってしまっていた)の甲板から海に飛び込み溺死[1]。享年39。彼は1984年1月4日にカリフォルニアの沖合に葬られた。
引用元:デニス・ウィルソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3

ブライアン・ダグラス・ウィルソン(Brian Douglas Wilson、1942年6月20日 – )は、アメリカ合衆国のミュージシャン。

ザ・ビーチ・ボーイズのリーダーにしてボーカル、ベース担当。メンバーのデニス、カールは実の兄弟であり、それぞれ次弟、末弟にあたる。マイク・ラヴは従兄、アル・ジャーディンは高校・大学の同窓生である。また、実娘のカーニー、ウェンディは、ウィルソン・フィリップスとして活動している。
引用元:ブライアン・ウィルソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3

ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)は、1961年に結成されたアメリカのサーフ・ロック・グループである。1962年から65年まではサーフィン・ホットロッドを中心としたレコードを発表していたが、66年の『ペット・サウンズ』から70年代初頭まではサーフィンや改造車、ビキニの女の子などは姿を消し、ブライアン・ウィルソンが自己の内面と向き合った、アート思考のアルバムを発表した。

概要
米国西海岸の若者文化、特にビキニの娘、サーフィン、改造車(ホットロッド)、青い海などをテーマにしたポップな楽曲で知られている。しかし60年代後半からの一時期には、複雑精緻でアート思考の『ペット・サウンズ』のような作品も作り上げた。日本では山下達郎や音楽評論家の萩原健太、宮治淳一らが熱烈なビーチ・ボーイズ・ファンとして知られている。萩原健太はラジオ番組で「ビーチ・ボーイズは『神』である」とまで公言している。海外ではトッド・ラングレン、ルベッツ(ルーベッツ)、ファースト・クラス、ルイ・フィリップ、ハイ・ラマズ、リンジー・バッキンガムらがビーチ・ボーイズの影響を受けている。
引用元:ザ・ビーチ・ボーイズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%BA