檀ふみ


2017年放送のドラマ『陸王』で
「こはぜ屋」の宮沢社長の
妻を演じたのは阿川佐和子である
×(答)
◯檀ふみ
41%

043TwjKyAN
足袋などについている
爪形の小さな留め具を何という?
小鉤
こはぜ(答)
引用元:「小鉤」こはぜ 足袋にある爪形の留め具 「はぜ」板金を接続する際の折り曲げ部分 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/19801/

『陸王』(りくおう)は、池井戸潤による日本の小説。『小説すばる』(集英社)に2013年7月号から2015年4月号まで連載され、2016年7月10日に集英社から単行本が刊行された。

2017年10月期にTBS系において役所広司の主演でテレビドラマ化された[1]。

あらすじ
埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」は創業から100年の歴史をもつ老舗だが、近年は業績が低迷し資金繰りに悩んでいる。そんなある日、四代目社長の宮沢紘一はこれまでの足袋製造の技術力を生かし、「裸足感覚」を取り入れたランニングシューズの開発を思いつき、社内にプロジェクトチームを立ち上げる。

会社の存続をかけて異業種に参入した「こはぜ屋」だったが、資金難、人材不足、大手スポーツメーカーの嫌がらせや思わぬトラブルなど様々な試練に直面する。宮沢たちは坂本や飯山の協力や有村や村野の助言を受けて、試行錯誤を続けながらランニングシューズの開発に邁進するのだった。

宮沢美枝子(みやざわ みえこ)
演 – 檀ふみ[8]
紘一の妻。紘一が困難に立ち向かっている時に、常に優しく差し伸べてくれている。
引用元:陸王 (小説) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E7%8E%8B_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)
引用元:陸王 (小説) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E7%8E%8B_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)