文学座、劇団俳優座、劇団民藝


次の劇団を
創設されたのが
古い順に選びなさい
文学座
劇団俳優座
劇団民藝
30%

文学座(ぶんがくざ)は、日本の劇団。代表は江守徹[1]。

略歴
1937年9月6日:岸田國士、久保田万太郎、岩田豊雄の発起にて結成。
1938年3月25日:第一回公演、上演作は「みごとな女」、「我が家の平和」、「クノック」の3本。
引用元:文学座 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%AD%A6%E5%BA%A7

劇団・俳優座(げきだん・はいゆうざ)は、東京都港区六本木四丁目に在る劇団{有限責任会社(合同会社)}である。

概要
文学座・劇団民藝と並び、日本を代表する新劇団の一つ。

1944年(昭和19年)2月に青山杉作・小沢栄太郎・岸輝子・千田是也・東野英治郎・東山千栄子ら10人によって設立された。
引用元:劇団俳優座 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%87%E5%9B%A3%E4%BF%B3%E5%84%AA%E5%BA%A7

株式会社劇団民藝(げきだんみんげい、英:The Mingei Theatre Company. )は、神奈川県川崎市麻生区に本拠を置く新劇団のひとつ「劇団民藝」を運営する企業。

概要
東京芸術劇場(1945年12月14日結成、1947年3月に分裂)にいた滝沢修が中心となって1947年、東京芸術劇場の脱退メンバーの森雅之らと新協劇団にいた宇野重吉が参加して結成された民衆芸術劇場(第一次民藝ともいう)を前身とし、1950年、宇野重吉、滝沢修、北林谷栄などによって創立された劇団。特に宇野は終世劇団の顔として牽引役を果たした。

1959年に法人化し、株式会社劇団民藝による運営形態となった。
引用元:劇団民藝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%87%E5%9B%A3%E6%B0%91%E8%97%9D