オダギリジョー


2013年のNHK大河ドラマ
『八重の桜』で、新島襄を演じた
俳優はオダギリジョーである
◯(答)
58%

CIMG3060
俳優のオダギリジョーと
2008年に結婚した女優は
◯◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
かしいゆう(答)
「香椎由宇」
引用元:GUのCM「波留」楊貴妃「香椎由宇(オダギリジョーの妻)」クレオパトラ「山本美月」ヘレネ 「PLST」プラステ・リンクセオリーのブランド https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/12954/

355KBJomJE
1920年代のパリで活躍した画家
藤田嗣治を描いた、小栗康平
監督、オダギリジョー主演に
よる2015年11月公開の映画は?
OTFAUIJ
FOUJITA(答)
引用元:『FOUJITA』藤田嗣治を描いた映画 オダギリジョー主演 小栗康平監督 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/20897/

NHK大河ドラマ『八重の桜』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は会津戦争が終わり、8月より舞台を京都に移して、明治の時代を生きる八重を描いていく。ここで本格的に登場するのが新島襄。会津の激動を生き抜いた主人公・八重(綾瀬はるか)の新しい希望となる人物だ。演じるのは俳優・オダギリジョー。アメリカで教育を受けた新時代のジェントルマンという役どころに、「自分とかけ離れたキャラクターを演じるのは、面白い」と苦笑いした。

 オダギリが大河ドラマに出演するのは2004年の『新選組!』以来。この時は、沖田総司と双璧をなす隊中きっての剣の達人・斎藤一を演じた。「当時は、自分も意気がっていたところがあって、一匹狼タイプの斎藤一役は自分に当てはめやすい状況で参加できたんですが、今回の新島襄は役柄も精神状態も真逆。だからこそ、役者として乗り越えてみたいと思っているんです」。
引用元:【八重の桜】オダギリジョー、“真逆”新島襄役で新境地「役者として乗り越えたい」 | ORICON NEWS https://www.oricon.co.jp/news/2027262/full/

オダギリ ジョー(1976年2月16日[2] – )は、日本の俳優である。本名、小田切 譲[3]。岡山県津山市出身[1]。鈍牛倶楽部所属[2]。オダジョー、オダギリと略されることもある[4]。妻は女優の香椎由宇。

主な作品
映画
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
『蟲師』
『ゆれる』
『メゾン・ド・ヒミコ』
『血と骨』
『アカルイミライ』
『FOUJITA』
テレビドラマ
『時効警察シリーズ』
『新選組!』
『ビギナー』
『サトラレ』
『八重の桜』

2015年、洋画家の藤田嗣治を演じた主演作品『FOUJITA』が、第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品される[7]。

2018年、主演映画『エルネスト もう一人のゲバラ』のために約半年間かけスペイン語とボリビアの方言を習得し、日系ボリビア人の革命家フレディ前村ウルタードを演じた[8]。
引用元:オダギリジョー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%80%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC