エリック・サティ


『ジムノペディ』などの作品で
有名なフランスの作曲家は
シャルル・グノーである
×(答)
◯エリック・サティ
64%

CIMG2843LyAlJvkSJHvk
『ひからびた胎児』
『官僚的なソナチネ』
『ヴェクサシオン』
『ジムノペディ』
グスタフ・マーラー
ジュール・マスネ
エリック・サティ(答)
ドビュッシー
引用元:スクリャービン「神秘和音」『法悦の詩』『プロメテウス』 ヤナーチェク『利口な女狐の物語』 リムスキー=コルサコフ『サトコ』 エリック・サティ『ひからびた胎児』 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/5889/

並べ替え
「いやがらせ」という意味がある短いフレーズを840回繰り返すフランスの作曲家エリック・サティの作品は?
ヴェクサシオン(答)



劇場交響曲
『ロメオとジュリエット』を
作曲した19世紀フランスの
音楽家はベルリオーズですが

オペラ『ロメオとジュリエット』
を作曲した19世紀フランスの
音楽家は?
ベルリオーズ
ムソルグスキー
シャルル・グノー(答)
プロコフィエフ
75%
引用元:『ロメオとジュリエット』「劇場交響曲」ベルリオーズ「オペラ」シャルル・グノー「バレエ」プロコフィエフ「幻想序曲」チャイコフスキー https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/34206/

007dfafCkb
オペラ『戦争と平和』
オペラ『三つのオレンジへの恋』
バレエ『ロメオとジュリエット』
交響的物語『ピーターと狼』
グラズノフ
プロコフィエフ(答)
グリンカ
ショスタコーヴィチ

CIMG7293NiDWmkEKeIhN
次の出来事を戯曲
『ロミオとジュリエット』
の作中で起こるのが
早い順に選びなさい
舞踏会で2人が出会う
2人で結婚式を挙げる
ロミオがティボルトと決闘
ロミオ、マンチュアへ旅立つ
ジュリエット仮死状態になる
ロミオ、パリスを殺す
ロミオが毒を飲んで死ぬ
ジュリエットが自殺する
引用元:『ロメオとジュリエット』「劇場交響曲」ベルリオーズ「オペラ」シャルル・グノー「バレエ」プロコフィエフ「幻想序曲」チャイコフスキー https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/34206/

184TCQbdja
弟子にプロコフィエフがいる
ロシアの作曲家・指揮者です
チェレプニン(答)
Tcherepnin
引用元:オペラ『戦争と平和』プロコフィエフ  ニコライ・「チェレプニン」プロコフィエフを弟子に持つ音楽家 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/20721/

エリック・アルフレッド・レスリ・サティ(Erik Alfred Leslie Satie、1866年5月17日 – 1925年7月1日)は、フランスの作曲家。音楽界の異端児、音楽界の変わり者などと称される。西洋音楽に大きな影響を与えたと見なされており、ドビュッシー、ラヴェルも影響を公言している。そして、印象主義の作曲家たちにも影響を与えたとされる。

概要
パリ音楽院在学中にピアノ小品『オジーヴ』『ジムノペディ』『グノシエンヌ』などを発表。カフェ・コンセール『黒猫』に集う芸術家の1人となり、コクトーやピカソと交流(のちにカフェ・コンセール『オーベルジュ・デュ・クル』に移る)。バレエ・リュスのために『パラード』を作曲。またカフェ・コンセールのためのいくつかの声楽曲を書く。よく知られる『ジュ・トゥ・ヴー』はこの時の作品。薔薇十字教団と関係し、いくつかの小品を書く。同一音形を繰り返す手法を用いた『ヴェクサシオン』『家具の音楽』なども書いた。

なお『家具の音楽』というのは彼が自分の作品全体の傾向を称してもそう呼んだとされ、主として酒場で演奏活動をしていた彼にとって、客の邪魔にならない演奏・家具のように存在している音楽というのは重要な要素だった。そのことから彼は現在のイージーリスニングのルーツのような存在であるともいえる。

また『官僚的なソナチネ』『犬のためのぶよぶよとした前奏曲』『冷たい小品』『梨の形をした3つの小品』『胎児の干物』『裸の子供たち』のように、作品に奇妙な題名をつけたことでも知られる。

フランス社会党及びフランス共産党にも党籍を置いていた(当初は社会党に入党していたが、共産党結党と同時に移籍)。

ドビュッシーとの交友関係もよく知られる。
引用元:エリック・サティ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%86%E3%82%A3

『ジムノペディ』 (Gymnopédies) は、エリック・サティが1888年に作曲したピアノ独奏曲。

第1番から第3番までの3曲で構成され、それぞれに指示があり、

第1番「ゆっくりと苦しみをもって」 (Lent et douloureux)
第2番「ゆっくりと悲しさをこめて」 (Lent et triste)
第3番「ゆっくりと厳粛に」 (Lent et grave)
となっている。

解説
3/4拍子のゆったりとしたテンポ、装飾を排した簡素な曲調、独特の愁いを帯びた旋律が特徴として挙げられ、特に第1番がサティの代表的な作品として、タイトルとともに知られるようになった。『ジムノペディ』とは、青少年を大勢集めて全裸にして踊らせて、古代ギリシアのアポロンやバッカスなどの神々をたたえる「ギュムノパイディア(英語版)」(古代ギリシア語: Γυμνοπαιδίαι)[1]という祭典に由来しており、サティはこの祭りの様子を描いた古代の壺を見て曲想を得たといわれる。また、一説には彼が愛読してやまなかったギュスターヴ・フローベールの『サランボー』からインスピレーションを得て作曲したとも言われている[2]。

あまり表舞台に出たがらないサティのために、友人であったクロード・ドビュッシーによって1897年に、ピアノ曲からより大きな規模による演奏形態である管弦楽曲に編曲された(第1番と第3番)。「なぜ第2番を編曲しなかったのか?」という問いに、ドビュッシーは「第2番まで編曲して聞かせるには少し退屈だから」と答えたといわれる。また編曲の際、ドビュッシーの意図により元の第1番は第3番として、第3番は第1番として番号をひっくり返している。
引用元:ジムノペディ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%8E%E3%83%9A%E3%83%87%E3%82%A3