『きよしのズンドコ節』2008紅白で大トリ 『きよしのソーラン節』2007日本有線大賞

002mEVIsrePQe
2008年の『NHK紅白歌合戦』で
氷川きよしが初めて大トリと
なったときに歌った曲は
『きよしの◯◯◯◯節』?
ソドヨコ
ドインス
バンドン
→ズンドコ
『きよしのスンドコ節』

CIMG2635LSILviLhYuna
2007年に日本有線大賞を
受賞した氷川きよしの歌は
『きよしの◯◯◯◯節』?
ドンドン
バインコ
ズーヨパ
→ソーラン
『きよしのソーラン節』

『ズンドコ節』(ズンドコぶし)は、日本の歌謡曲の楽曲のひとつである。ヅンドコ節と表記されることもある。
>元々、『ズンドコ節』は『海軍小唄』(かいぐんこうた)と呼ばれていた。軍歌のひとつといわれることもあるが、実際のところは戦地に赴く男たちの本音を歌った流行歌のようなものである。まんだらけは炭鉱や漁港で歌われていたリズムを元に門司区出身の学生M・K氏が福岡県にて在学中に作曲したものと推定している[1]。1945年頃に流行った曲である。
>2002年の第53回NHK紅白歌合戦にはパパイヤ鈴木とおやじダンサーズと一緒に登場。2008年の第59回NHK紅白歌合戦は自身初の大トリとしてこの曲を歌った。
引用元: ズンドコ節 – Wikipedia.

『きよしのソーラン節』(きよしのソーランぶし)は、日本の歌手氷川きよしの11枚目のシングルである。2007年5月9日発売。発売元はコロムビアミュージックエンタテインメント。
>「あばよ」と同時発売
第58回NHK紅白歌合戦にて「きよしのソーラン節 YOSAKOIソーラン紅白スペシャル」として歌唱
第49回日本レコード大賞金賞受賞
引用元: きよしのソーラン節 – Wikipedia.

氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年(昭和52年)9月6日 – )は、福岡県福岡市南区出身の演歌歌手である。本名:山田 清志(やまだ きよし)。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。現代調のポップス系楽曲を発売する際はKIYOSHIの名義で活動をすることもある。
>2002年:歌唱曲『きよしのズンドコ節』・『星空の秋子』
オールジャパンリクエストアワード・グランプリ(演歌・歌謡曲部門)
第44回日本レコード大賞・金賞
第35回日本有線大賞・有線音楽優秀賞
>2007年:歌唱曲『あばよ』・『きよしのソーラン節』
第40回日本有線大賞
第49回日本レコード大賞・金賞
引用元: 氷川きよし – Wikipedia.