ソダーバーグ



1972年にソ連で制作された
映画『惑星ソラリス』の監督は
アンドレイ・タルコフスキー
ですが

それをリメイクした2003年の
映画『ソラリス』の監督は
スティーブン・◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
ソダーバーグ(答)
48%

解説
惑星ソラリスの探索宇宙船に乗る友人から助けを求める連絡を受け、船を訪れた精神科医ケルビン。彼はそこでかつて自殺した妻そっくりの存在に出会う。ケルビンはその存在と新たな関係を築こうとするのだが。原作はタルコフスキー監督の「惑星ソラリス」と同じ、ロシアのSF作家スタニスラフ・レムの同名小説。もとはジェームズ・キャメロンが映画化権を持っていたが「ソダーバーグなら」と監督を譲り、自ら製作に回った。
引用元:ソラリス : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/1660/

英語表記: Steven Soderbergh
本名: スティーブン・A・ソダーバーグ
別名: ピーター・アンドリュース
誕生日: 1963年1月14日
出身: アメリカ/アトランタ

高校生の頃から大学の映画・アニメーションの講義に出席し、短編映画を撮り始める。高校卒業後に短期間ハリウッドでフリーの編集者として働き、1985年、ロックバンド・イエスのコンサートフィルムで監督デビュー。初長編監督作「セックスと嘘とビデオテープ」(89)がカンヌ国際映画祭でパルムドールに輝き、アカデミー賞でも脚本賞を受賞する。2001年には、「エリン・ブロコビッチ」「トラフィック」(00)で、アカデミー監督賞にダブルノミネート、後者で受賞する快挙を果たした。以降、「オーシャンズ」シリーズ(01~07)や「チェ」2部作(08)、「マジック・マイク」(12)などジャンルを問わず手腕を発揮。「サイド・エフェクト」(13)を機に映画監督引退を表明し、TV界に転向、TV映画「恋するリベラーチェ」(13)はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された。その後、引退宣言を撤回し、17年に「ローガン・ラッキー」で銀幕復帰した。監督業の他にも、ピーター・アンドリュー名義で撮影、メアリー・アン・バーナード名義で編集、サム・ローリー名義で脚本を執筆するなど、多才に活躍する。
引用元:スティーブン・ソダーバーグ – 映画.com https://eiga.com/person/43255/