東條英機


1998年公開の映画
『プライド 運命の瞬間』
で津川雅彦演じる主人公は
山本五十六である
×(答)
◯東條英機
51%

216VJOVNaIHit
五・一五事件で有罪判決
著書『日本二千六百年史』
法廷で東條英機の頭を叩く
東京裁判で民間人唯一のA級戦犯
小佐野賢治 おさのけんじ「ロッキード事件」『記憶にございません』
佐藤正忠 さとうせいちゅう 経営者向け雑誌『経済界』
糸山英太郎 いとやまえいたろう 政治家・湘南工科大学総長
大川周明(答) おおかわしゅうめい
引用元:「大川周明」おおかわしゅうめい「東條英機の頭を叩く」『日本二千六百年史』「五・一五事件で有罪」 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/12519/

解説
A級戦犯として逮捕され、東京裁判で死刑判決を受けた東條英機の名誉と真実をかけた”闘い”を、その人物像を中心に描いた人間ドラマ。監督は「ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス」で総監督を務めた伊藤俊也。脚本は、「東雲楼・女の乱」の松田寛夫と伊藤の共同。撮影を「ご存知!ふんどし頭巾」の加藤雄大が担当している。主演は「Looking For」の津川雅彦。

ストーリー
1941年、内閣総理大臣兼陸軍大将として米英に開戦宣言した東條英機は、敗戦後の9月11日、GHQに逮捕され、連合国による極東国際軍事裁判、いわゆる東京裁判にかけられることになった。逮捕当日、自決を図りながら未遂に終わっていた彼は、逮捕後、収容された巣鴨プリンスで極刑を覚悟し、裁判を闘うことを無意味と思ったが、弁護士・清瀬に戦争の原因の全てを敗戦国に負わせ、ナチス・ドイツと同じように日本を裁こうとしている連合国側の裁判意図を聞かされたことから、日本が最悪の国家・民族にされないよう、日本の名誉と真実をかけた”闘い”に臨むことを決意する。
引用元:プライド 運命の瞬間 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/77054/