麻生祐未、中村あずさ、麻木久仁子


次のタレントを
『オールナイトフジ』の
司会を務めたのが
早い順に選びなさい
秋本奈緒美
麻生祐未
岡安由美子
中村あずさ
麻木久仁子
田中美奈子
千堂あきほ
30%

『オールナイトフジ』(All Night Fuji)は、フジテレビ系で生放送(一部録画放送)されていた深夜番組である。タイトルは、フジテレビと同じくフジサンケイグループに属するニッポン放送の深夜全国ネットラジオ番組『オールナイトニッポン』(All Night Nippon、略称:ANN)を意識して付けられた。

本項では、1983年4月2日開始の『オールナイトフジ』及び、それ以降に『オールナイトフジ』のタイトルを冠した同様の深夜番組を記述する。

概要
1983年4月2日に放送開始。生放送。

初代司会は秋本奈緒美と鳥越マリ。主な出演者には、デビューしたばかりのとんねるずや片岡鶴太郎をはじめ、レコードも出した「おかわりシスターズ」(山崎美貴、松尾羽純、深谷智子の女子大生トリオ)、のちにアナウンサーになった松山香織や佐野美和[注 1]らがいる。出演している女子大生たちは“オールナイターズ”と称された[注 2]。この番組はいわゆる「女子大生ブーム」の火付け役となった[1]。また、この番組は後にお笑い第三世代の代表格となるとんねるずのフジテレビにおける初めてのレギュラー番組であり、その後30年以上も「とんねるず班」と言われる、石田弘(現エグゼクティブプロデューサー)、港浩一(現共同テレビ社長)との人脈が築かれた。

司会
秋本奈緒美(1983年4月 – 1984年9月)
鳥越マリ(1983年4月 – 1984年9月、1985年4月-1985年9月)
松本伊代[注 4](1984年10月 – 1986年3月)
麻生祐未(1984年10月 – 1985年3月)
山崎美貴(1985年10月 – 1986年3月、オールナイターズより事実上昇格)
岡安由美子(1986年4月 – 9月)
尾関真実(1986年4月 – 9月)
寺田理恵子(当時アナウンサー、1986年4月 – 9月)
高樹沙耶(現:益戸育江、1986年10月 – 1987年10月)
吉田美江(1986年10月 – 1987年10月)
中村あずさ(1987年11月 – 1988年3月)
石野陽子(現:いしのようこ、1987年11月 – 1988年3月)
杉本彩(1987年11月 – 1988年3月)
森尾由美(1988年4月 – 1988年9月)
麻木久仁子(1988年4月 – 1988年6月)
相楽晴子[注 5](1988年10月 – 1990年6月)
梶原真理子(1988年10月 – 1989年8月)
有賀さつき(当時アナウンサー、1989年9月 – 1990年6月)
田中美奈子(1989年9月 – 12月)
伊藤智恵理(1990年1月 – 6月)
千堂あきほ(1990年7月 – 1991年3月)
相沢なほこ(1990年7月 – 1990年9月)
大家由祐子(1990年10月 – 1991年3月)
成田路実(1990年10月 – 1991年3月)
李恵淑(イ・ヘスク)(1987年6月 – 7月頃)
引用元:オールナイトフジ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%B8