ジョルジュ・ドン


モーリス・ベジャールによる
20世紀バレエ団で活躍した
アルゼンチンのバレエダンサーで
特に『ボレロ』で有名なのは誰?
ジド・ュンヨジル
ジョルジュ・ドン(答)
26%

ジョルジュ・ドン[1](Jorge Itovich Donn, 1947年2月25日 – 1992年11月30日)はアルゼンチン出身のバレエダンサー。

来歴
ブエノスアイレスのロシア移民の家庭に生まれる。5歳でテアトロ・コロン付属のバレエ学校に入校[2]。1963年、アルゼンチンを巡業していたモーリス・ベジャール主宰の20世紀バレエ団公演を見て渡仏を決意し、入団から数年を経ずしてソリストとなった。

1966年、『ロミオとジュリエット』 で生き生きとしたロミオ役を演じて評判を呼ぶ。その後も 『火の鳥』、『ディオニソス』 など数多くのベジャール振付作品で初演を踊ったが、代表作はなんといっても 『ボレロ』(1979年)であり、男性舞踊手として初めてメロディを踊った。1981年にはC・ルルーシュ監督の映画 『愛と哀しみのボレロ』 に出演、一躍バレエ・ファン以外にも名を知られるようになった。

1980年に同バレエ団の芸術監督の地位につき、さらに1988年には自身が主宰するヨーロッパ・バレエ団を旗揚げするが、エイズに侵され、1992年に死去した。45歳没。
引用元:ジョルジュ・ドン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%B3