マレシャル


1964年に亡くなった
フランスのチェロ奏者
マレシャル(答)
37%
Maurice Maréchal

モーリス・マレシャル(Maurice Maréchal[1][2], 1892年10月3日 – 1964年4月19日)はフランス、ディジョン生まれのチェロ奏者。

地元の音楽院でチェロを習ったあと、1905年にパリ音楽院に入学し、1911年にプルミエ・プリを獲得して卒業した。1912年にコンセール・ラムルー管弦楽団の首席チェロ奏者の代理として入団し、間もなく首席チェロ奏者に昇格したが、すぐにソリストとして活躍するようになった。

1920年頃カザルスが不在の際には、カザルス・トリオにおけるチェロの代役としてティボーやコルトーと共演を重ねたという。1922年にはモーリス・ラヴェルの『ヴァイオリンとチェロのためのソナタ』の初演でチェロのパートを受け持っている。

1935年と1937年に来日し、日本コロムビアに小品集を録音している。

1942年に、ジェラール・エッキャンの後を継いでパリ音楽院のチェロ科教授に就任し、1963年までその任にあった。パリにて没。

弟子にはエドモン・バーイエンスやクリスティーヌ・ワレフスカ等がいる。
引用元:モーリス・マレシャル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB

マレシャル
Maréchal, Maurice
[生]1892.10.3. ディジョン
[没]1964.4.19. パリ
フランスのチェロ奏者。パリ国立音楽院で学び,1912年ソリストとしてデビュー。ソロの活動を続けるほか,A.コルトー,J.ティボーとのトリオでも知られた。 42年母校の教授に就任。ラベル,オネゲル,ミヨーら多くの作曲家が彼にチェロの曲を捧げている。
引用元:マレシャルとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB-137807