ひづきはな



2018年公開の映画『かぞくわり』
の主演女優である元宝塚の女優
陽月華
ひづきはな(答)
54%

陽月 華(ひづき はな、1980年9月2日 – )は、日本の女優。本名:梅津 洋子(うめづ ようこ)[要出典]。元宝塚歌劇団宙組トップ娘役。東京都生まれ[2]、東京都足立区[3]育ち。東京都立飛鳥高等学校卒業[4]。スペースクラフト所属。愛称は本名から「うめ」「ようこ」[4]。

宝塚歌劇団退団後
2009年10月よりスペースクラフトに所属し、女優として活動を開始。

退団後初舞台となる2010年3月の『ULTRA PURE!』を皮切りに[11]、舞台作品を中心にヒロインや主演を務める[3]。

また、2010年の『ハンチョウ〜神南署安積班〜』をはじめとして、テレビドラマ、CMなど映像作品にも進出[3]。2011年の『ミューズの鏡』に主人公の母親役でレギュラー出演し、2012年公開の『劇場版 ミューズの鏡〜マイプリティドール〜』で映画デビュー。2013年には『あぽやん〜走る国際空港』で初めて地上波ゴールデンタイムのテレビドラマにレギュラー出演する[3]。
引用元:陽月華 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%BD%E6%9C%88%E8%8F%AF

奈良県葛城市などを中心に同県内で撮影される映画「かぞくわり」の撮影成功祈願とキャスト発表記者会見が同市の当麻寺で行われ、主演の陽月華(ひづきはな)さんや小日向文世(こひなたふみよ)さんら俳優陣が、撮影への意気込みを語った。来年2月公開予定。

 同県大和郡山市出身の塩崎祥平監督のオリジナル脚本。自身の家族の経験から着想を得、「家族の役割」をテーマに家族間や住宅地の現代的な問題をコメディータッチに描く。同寺の中将姫が描いたという伝説の曼荼羅(まんだら)を通じ、現代と古代がつながるファンタジーの要素も盛り込むという。

 今月3日に大神神社(同県桜井市)でクランクイン。約1カ月かけ、葛城市を中心とした県内で撮影を行う。塩崎監督は「ベッドタウンと呼ばれる奈良で、普通の住宅街に暮らす家族のもつ“あるある”や抱えている問題を通して、家族の在り方を描いていきたい」とする。

 元宝塚娘役トップスターの陽月華さんが演じる、独身のまま実家暮らしをする長女が主人公。その父親を小日向文世さんが、母親を竹下景子さんが演じる。
引用元:映画「かぞくわり」成功祈願 出演の小日向文世さんら会見 舞台の奈良・当麻寺(1/2ページ) – 産経WEST https://www.sankei.com/west/news/170712/wst1707120032-n1.html