ケビン・クライン、フィービー・ケイツ、ケビン・ベーコン、カイラ・セジウィック


次の映画監督と、その妻の
正しい組み合わせを選びなさい
ケビン・クライン───フィービー・ケイツ
ケビン・ベーコン───カイラ・セジウィック
ウォーレン・ベイティ───アネット・ベニング
26%

米インディアナ大学を卒業後、ニューヨークのジュリアード音楽院に進学。同校に通うかたわら、俳優のジョン・ハウスマン率いる劇団「アクティング・カンパニー」に入団し、舞台俳優としてキャリアをスタート。ブロードウェイミュージカル「On the Twentieth Century」(78)と「The Pirates of Penzance」(81)ではトニー賞(ミュージカル部門)の男優賞を受賞した。76年にTVドラマに初出演し、82年のスクリーンデビュー作「ソフィーの選択」ではゴールデングローブ賞の新人俳優賞にノミネート。「再会のとき」(83)に続き「シルバラード」(85)でローレンス・カスダン監督とコレボレートしたほか、「遠い夜明け」(87)などを経て、「ワンダとダイヤと優しい奴ら」(88)でアカデミー助演男優賞を受賞した。以降、「ソープディッシュ」(91)、「デーヴ」(93)、「イン&アウト」(97)などドラマからコメディまで幅広く活躍し、舞台での活動も続けている。妻は女優のフィービー・ケイツ。
引用元:ケビン・クライン – 映画.com http://eiga.com/person/29974/

ケヴィン・ベーコン(Kevin Bacon, 1958年7月8日 – )は、アメリカ合衆国の俳優。

役者を目指して17歳で地元を離れ、ニューヨークへ渡り、『Circle in the Square Theatre』にて舞台を踏んだ。1978年にジョン・ベルーシ主演のコメディ映画『アニマル・ハウス』で映画デビュー。着々とキャリアを重ね、1982年には才能を評価されてオビー賞を獲得。直後にはショーン・ペン、ヴァル・キルマーと共演して『The Slab Boys』でブロードウェイデビュー。さらにバリー・レヴィンソン監督の青春映画『ダイナー』などに出演。1984年、『フットルース』でブレイク、日本での知名度も上がる(ブレイクにより、1980年の『13日の金曜日』への出演歴が再注目され、端役であるにもかかわらず、その後はビデオやDVDジャケットに主演俳優並みに最上位にクレジットされることもある)。若い頃は青春映画のスターとして活躍していたが、その後脇役や悪役を多く演じ個性派・実力派の俳優として評価を得、近年は自らメガホンも取っている。

1994年に出演したメリル・ストリープ共演のアクションスリラー『激流』では、エリート一家を恐怖に陥れる悪役を熱演してゴールデングローブ賞にもノミネート。2009年に出演したテレビ映画『Taking Chance』では同賞を受賞した。

私生活
1988年に女優のキーラ・セジウィックと結婚し、子供が二人いる。2008年にウィル・アイ・アムのプロモーションビデオにおいては夫婦で出演した。
引用元:ケヴィン・ベーコン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3

姉はシャーリー・マクレーン。大学中退後、ニューヨークに行き、ステラ・アドラーの下で演技を学ぶ。59年にTVのコメディに初出演し、61年、「草原の輝き」で映画デビューを飾る。そして67年、ニューシネマの先駆けとなったアーサー・ペン監督の「俺たちに明日はない」を製作し、トップスターに。以後、アルトマンの「ギャンブラー」、ハル・アシュビーの「シャンプー」などに出演するほか「天国から来たチャンピオン」「レッズ」「ディック・トレイシー」「ブルワース」などでは製作・監督・主演の3役を兼任するなどエネルギッシュに活躍している。私生活では数々の浮き名を流したが、91年「バグジー」で共演したアネット・ベニングと結婚した。
引用元:ウォーレン・ベイティ – 映画.com http://eiga.com/person/18597/