柳沢慎吾 中島唱子


次のうち、TVドラマ
『ふぞろいの林檎たち』
シリーズにレギュラー出演した
俳優を全て選びなさい
真田広之
柳沢慎吾(答)
中島唱子(答)
手塚理美(答)
時任三郎(答)
中井貴一(答)
石原真理子(答)
役所広司
石田えり
佐藤浩市
37%

『ふぞろいの林檎たち』(ふぞろいのりんごたち)は、TBS系列の「金曜ドラマ」枠(毎週金曜日22:00 – 22:54)で放送された日本のテレビドラマ。主演は中井貴一。

1983年から1997年にかけて放送された。パートIVまでシリーズ化された。

山田太一原作・脚本。主題歌はサザンオールスターズの「いとしのエリー」。

「ふぞろいの林檎」は規格に当てはまらない落ちこぼれの登場人物たちを指す。

出演者
中井貴一
時任三郎
手塚理美
石原真理子
柳沢慎吾
中島唱子
高橋ひとみ
国広富之
根岸季衣
吉行和子
佐々木すみ江

概要
とある架空の四流大学を舞台に、学歴が恋愛や進路に暗い影を落としながらも、それを懸命に乗り越えようとする若者の姿を描いた作品。『男女7人夏物語』など、後に続く群像劇のさきがけでもあった。放映当時に問題となっていた学歴差別を背景にして作られた。パートII以降は、個々の登場人物の成長に重点が置かれている。

脚本家・山田太一の代表作のひとつで、白黒の風景をバックに林檎を放り投げるオープニング映像は、パロディ作品も数多く作られている。また、白黒の風景は新宿副都心を中野駅の屋上から撮影したものである。

パートI
1983年5月27日から7月29日まで放送。全10回、平均視聴率17.6%。
落ちこぼれ大学生3人の青春を描く。
パートII
1985年3月15日から6月7日まで放送。全13回、平均視聴率18.0%。
林檎たちが学校を出て社会人になる。
パートIII
1991年1月11日から3月22日まで放送。全11回。
晴江とその夫である門脇のトラブルがきっかけで、疎遠になっていた仲間たちが再び集まる。
それぞれ30歳を目前にし、家庭や仕事で様々な問題を抱えるなか、大人として逞しく生きていく姿を描く。
パートIV
1997年4月11日から7月4日まで放送。全13回、平均視聴率17.4%。
克彦と美保という若者に出会ったことで、30代半ばとなった仲間たちがまた集まる。
引用元:ふぞろいの林檎たち – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B5%E3%81%9E%E3%82%8D%E3%81%84%E3%81%AE%E6%9E%97%E6%AA%8E%E3%81%9F%E3%81%A1