『惑星大戦争』


『スター・ウォーズ』の日本公開
に先駆けて、1977年に東宝が
製作・公開した、森田健作、
浅野ゆう子主演の特撮映画は?
地星流戦軍
惑宙大怪号
宇球防衛争
惑星大戦争(答)
30%

012RKRRBAJsgS
無実の兄の復讐をする妹
松本清張の小説
老女の強盗殺人事件
山口百恵主演で映画化
『疑惑』
『彩り河』
『熱い絹』
『霧の旗』(答)

順番当て
次の映画を公開されたのが早い順に選びなさい
『猿の惑星』
『続・猿の惑星』
『新・猿の惑星』
『猿の惑星・征服』
『最後の猿の惑星』

『惑星大戦争』(わくせいだいせんそう)は、1977年12月17日に公開された東宝製作の特撮SF映画。同時上映は『霧の旗』。

解説
映画『海底軍艦』の宇宙版リメイク作品である。1988年、太陽系外宇宙から飛来した異星人の侵略に対抗するため、宇宙防衛艦「轟天」が金星に本拠を構えた異星人の「大魔艦」に立ち向かう。

本作製作の背景には、1977年はアメリカでSF映画『未知との遭遇』『スター・ウォーズ』、アニメ映画『宇宙戦艦ヤマト』が公開され、日本は空前のSFブームを迎えていたことがあった。1978年夏の『スター・ウォーズ』の日本公開を控え、東宝は本作を急遽製作して正月映画として公開した[注 1]。正月映画として年末から公開の予定でありながら脚本が仕上がったのはその前の10月に入ってからで、クランクインが公開の2か月前というタイトな製作期間であった[注 2]。監督の福田純も、のちに「もっと時間があったら、単なる便乗ではなく、いろいろな工夫ができたと思う」と述べている[1]。

監督と特技監督には、1970年代の東宝でゴジラシリーズとSF作品を手がけてきた福田純と中野昭慶のコンビがあたった。福田と脚本の中西隆三はゴジラシリーズの新作『ゴジラの復活』の企画に、中野は日英合作映画『ネッシー』の制作準備にそれぞれあたっていたが、製作が急遽決定した本作にスライドする形となった[2]。福田は本作を監督した後、東宝との専属契約を打ち切ったため、本作が最後の監督作品となった。

『惑星大戦争』というタイトルは『スター・ウォーズ』の邦題になる予定だったが、『スター・ウォーズ』の本国アメリカでの大ヒットや、日本ではアメリカの翌年に公開されるなどの理由で中止になったため、最終的に本作のタイトルとして流用された[3]。
引用元:惑星大戦争 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%91%E6%98%9F%E5%A4%A7%E6%88%A6%E4%BA%89