市村俊幸 小池清 西郷輝彦


次の人物を
『アップダウンクイズ』の
司会を務めたのが
早い順に選びなさい
市村俊幸
小池清
西郷輝彦
36%

『アップダウンクイズ』は、1963年(昭和38年)10月6日から1985年(昭和60年)10月6日まで、毎週日曜日19:00 – 19:30(JST)に放送されていた毎日放送(MBS)製作の視聴者参加型クイズ番組である。ロート製薬の単独提供(第1回放送より)、日本航空の協賛で放送された。

放送開始から1975年(昭和50年)3月30日放送分まではNET(現・テレビ朝日)系列の一部で放送されていたが、同年4月6日放送分以降はネットチェンジに伴い、TBS系列で放送されていた。

この番組は、MBSがラジオ単営局・新日本放送時代の1952年(昭和27年)から6年間放送されていた『近鉄パールクイズ』をベースに制作された。

出演者
歴代司会者
市村俊幸
小池清
西郷輝彦


懐かしのクイズ番組
『クイズグランプリ』の
司会を務めたのは○○○?
○の漢字をひらがなで答えなさい
こいずみひろし(答)
小泉博

番組概要
解答者6名が解答席であるゴンドラに乗り、早押しクイズに挑戦、10問正解(10段まで上り詰める)でハワイ旅行と賞金(初期は20万円、後に10万円)が贈られた。

クイズに正解すると解答者の乗ったゴンドラが1段上昇(アップ)、誤答するとゴンドラが一気に0まで下降(ダウン)するルールだった。

1963年10月6日、喜劇俳優・市村俊幸の司会、当時MBSアナウンサーだった小池清の出題でスタートした。市村はロート製薬が当時発売していた胃腸薬「シロン」のイメージキャラクターであり、前年1月から放送していた同じロート製薬一社提供の前番組『私はナンバーワン』の司会者でもあった。半年後の1964年3月29日放送分で市村が降板[1]、翌週4月5日(第29回)放送分より小池が司会を担当、出題を同じくMBSアナウンサーの長田淑子が務めることになった。その後、出題者は1971年4月11日放送分から市毛毬子、さらに1972年11月19日放送分から佐々木美絵(いずれもMBSアナウンサー)が担当、以後「小池司会・佐々木出題」で11年間にわたって親しまれた。

カラー放送が行われるようになったのは1969年10月5日放送分からである。また、音声多重放送は最終回まで一貫して行われなかった。

出題者は冒頭の挨拶と問題読みだけであって、朝日放送『パネルクイズ アタック25』のように賞品等の紹介は一切なかった(同じロート製薬一社提供のTBS『クイズダービー』も出題者は問題読みのみ)。

ABCからMBSへのTBS系列ネットチェンジに伴い、1975年4月6日放送分から、TBS系列での全国放送に移行した。折しもTBS系列での放送第1回がちょうど600回となり、「600回記念・クイズ天狗タレント特集」が放送された。

1983年10月に放送20周年を迎えるのを機にリニューアルすることとなり、同年9月25日放送分(第1004回)で小池が降板した(あくまで本人の意思によるもの)。同年10月9日放送分(第1005回)[2]から俳優の西郷輝彦が司会となった(出題は佐々木が引き続き担当)。番組タイトルも『新アップダウンクイズ』に変わったが、“新”は半年で消えた(ただし、ゴンドラセット上の看板には「新」はついていなかった)。

番組の収録は、毎日放送千里丘放送センターAスタジオで行われていた[3]。また、収録は隔週木曜日に2回分まとめて行われた(うち1回は3日後に放送)。なお末期は土曜日に収録された。

同番組の最高視聴率は1969年2月2日放送分の39.2%(関西)、同年5月11日放送分の27.1%(関東)が最高(いずれもビデオリサーチ調べ)。1967年4月21日には日本民間放送連盟賞を受賞している(他にも受賞歴あり)。
引用元:アップダウンクイズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA