G



映倫管理委員会が定める映画の
鑑賞制限年齢区分で、12歳未満の
観覧に保護者が必要なのは
「PG12」ですが

何歳でも見られるのは「◯」?
アルファベットで答えなさい
G(答)
31%

映画倫理機構(映倫)は表現の自由を護り、青少年の健全な育成を目的として映画界が自主的に設立した第三者機関です。映倫は映画が観客や社会に与える影響の大きさを自覚し、法や社会倫理に反し、とりわけ未成年者の観覧につき問題を生じうる映画については社会通念と映画倫理諸規程に従って、自主的に審査しております。
 また映画製作者が外部からの干渉を排除して自由に製作できる環境を作るとともに、観客の見る自由を保障し、さらに、次世代を担う未成年者がその成長に際し対応を誤ることのないよう配慮しています。

引用元:映画倫理機構(映倫) http://www.eirin.jp/index.php

一般財団法人映画倫理機構(えいがりんりきこう、英: Film Classification and Rating Organization)は、主に映画作品の内容を審査し、レイティング設定を行う日本の一般財団法人である[1]。略称は映倫(えいりん)。1949年(昭和24年)に設立された映画倫理規程管理委員会(通称「旧映倫」)を基礎に、1956年(昭和31年)に新たに設立された映画倫理管理委員会(通称「新映倫」)、それを2009年(平成21年)に改称した任意団体・映画倫理委員会を前身とし、2017年(平成29年)に設立された[1]。

倫理基準
詳細は「映画のレイティングシステム#日本」を参照
レイティングは主にアメリカの倫理基準を参考にした独自のものであり、申請者は審査結果に異議がある場合は再審査を請求できる。区分には、G(年齢にかかわらず誰でも観覧できる)、PG12(12歳未満の年少者の観覧には、親または保護者の助言・指導が必要)、R15+(15歳未満は観覧禁止)、R18+(18歳未満は観覧禁止)の4種類があり、2009年より色分け表示が導入された。

規程では質の批評は行わないことになっているものの、基準には時代の流れが反映される。1990年代前半には『美しき諍い女』により性表現が、1990年代後半から2000年代は『バトル・ロワイアル』を始めとした暴力表現や『スワロウテイル』など反社会的勢力の表現が規制の対象になった。

DVD作品やゲームソフトなどの審査は別団体が行うが、経済産業省の指導により2006年(平成18年)7月に映像コンテンツ倫理連絡会議が設置され、日本ビデオ倫理協会(NEVA、ビデ倫)、コンピュータソフトウェア倫理機構(EOCS、ソフ倫)、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)、日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)とともにレイティングの審査基準・表示の統一化を検討している。
引用元:映画倫理機構 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A0%E7%94%BB%E5%80%AB%E7%90%86%E6%A9%9F%E6%A7%8B