『Mr.インクレディブル』三浦友和『カーズ』山口智充


次のタレントを
吹き替えを担当した映画ごとに
グループ分けしなさい
52%

カーズMr.インクレディブルモンスターズ・インク
三浦友和
山口智充
田中裕二

011IxOPkXWGXh
014bIlSIvzDCD
次の画像のモノマネを
得意とするお笑い芸人は?
鳥の画像 不明「鳥の鳴き声」?
ブラスバンド 「放課後に聴こえるブラスバンド部の音」
打ち上げ花火
ヒグラシ
山口智充(答)
ゴリ
宮迫博之
藤井隆
引用元:山口智充のモノマネ「鳥」「ブラスバンド」「花火」「ヒグラシ」 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/10016/

『カーズ』(原題:Cars )は、ピクサーの制作、ブエナ・ビスタ・ピクチャーズの配給により、2006年6月9日に公開された長編アニメーション映画作品。第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞受賞。

本作品は、車を中心とした乗物を擬人化したキャラクターによって物語が構成されており、虫や牛なども車化されている。なお人間や動物などは一切登場しない。

また、ディズニーデジタル3Dとしてのリバイバル上映は行われていない。

2011年には続編『カーズ2』が公開され、2017年には3作目『カーズ/クロスロード』が公開された。

あらすじ
2005年、「ピストン・カップ」シーズン最終レース「ダイナコ400」で、初の新人チャンピオンを狙うライトニング・マックィーン。ライバルは今シーズンで引退する伝説のレーサー・キングことストリップ・ウェザーズと万年2位のベテランレーサー・チック・ヒックス。マックィーンは彼らに引けを取らないほどのレースを繰り広げるも、タイヤを交換せずに走り出したため、ゴール手前で後輪がパンクしてしまう。なんとか舌を出して自分を含む3台が同着となり、1週間後にカリフォルニアで優勝決定戦が行われることとなる。マックィーンはスポンサーである錆取り用クリーム会社「ラスティーズ」のイメージキャラクターとされていたが、スポンサーに恩義があるにもかかわらず、錆びた車が嫌いという理由で会社にウンザリしており、優勝後はダイナコ石油への移籍を考えていた。

キャスト(声の出演)
役名 原語版声優 日本語吹替
ライトニング・マックィーン オーウェン・ウィルソン 土田大
メーター ラリー・ザ・ケーブル・ガイ 山口智充
サリー ボニー・ハント 戸田恵子
引用元:カーズ (映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BA_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

『Mr.インクレディブル』(ミスター・インクレディブル、原題:The Incredibles)は、ディズニー配給、ピクサー製作のフルCGによるアニメーション映画。2004年度、アカデミー長編アニメ映画賞、アカデミー音響編集賞、アニー賞全10部門、第31回サターン賞アニメ映画賞など、多くのアニメ映画賞を受賞した。

ストーリー
世界の平和を守るスーパーヒーロー達。しかし救助活動による弊害が発端となり、訴訟を起こされるなど世間のスーパーヒーローに対する風当たりが強まり、政府の政策により全てのスーパーヒーローが引退し、それぞれが世間には正体を隠して生活を始める。

15年後、その一人であるMr.インクレディブルことボブ・パーは保険会社に勤務し、顧客よりも会社の利益にこだわる神経質な上司の下で日々ストレスを溜めていた。彼と同じくスーパーパワーを持つ妻のイラスティガールことヘレンは日常生活に適応していたが、長女のヴァイオレットは能力を隠そうとするあまり引っ込み思案になり、長男であるダッシュは思い切り走り回ることもできない窮屈な生活にうっぷんが溜まっていた。ボブ自身もヒーロー時代に見切りをつけられず、ヒーロー仲間であるルシアス・ベストことフロゾンとこっそり人助けをしていた。

声の出演
役名 原語版声優 日本語吹替
Mr. インクレディブル
ボブ・パー クレイグ・T・ネルソン 三浦友和
イラスティガール
ヘレン・パー ホリー・ハンター 黒木瞳
シンドローム ジェイソン・リー 宮迫博之
バディ・パイン 岩田光央
ヴァイオレット・パー サラ・ヴォーウェル 綾瀬はるか
引用元:Mr.インクレディブル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Mr.%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%AB

『モンスターズ・インク』(原題:Monsters, Inc.)は、2001年に公開されたディズニーとピクサー製作の長編フルCGアニメーション映画。ピクサーの長編アニメーション作品としては第4作目となる。日本では2002年3月2日に公開された。ピクサー作品では初めてジョン・ラセターが製作総指揮に回り、ピート・ドクターが初監督を務めた。

2001年のアカデミー賞では作曲賞、主題歌賞、音響効果賞、長編アニメ賞にノミネートされ、そのうち主題歌賞を受賞した。

あらすじ
舞台はモンスターの世界。毛むくじゃらの青いモンスターサリーと、その相棒である緑色の一つ目モンスターマイク・ワゾウスキは、大企業であるモンスターズ株式会社(モンスターズ・インク)で働いている。モンスターズ・インクの業務内容は、無数に保持している“人間の子供の部屋へ通じるドア”から子供部屋にモンスター達を送り込み、怖がる子供たちの悲鳴をエネルギーに変換、モンスターの世界へ供給するというもの。この世界では「人間の子供は危険」とされており、怖がらせるのが仕事であるモンスター達は、同時に子供達を恐れてもいる。サリーはこの会社で誰からも尊敬される、大社長のウォーターヌースから仕込まれた「ナンバー・ワンの怖がらせ屋」だった。そんなサリーを敵対しているのはサリーに次ぐ2位の怖がらせ屋のランドールだった。彼はトップに出るためらならば手段を選ばず、アシスタントに八つ当たりするほどの卑怯なモンスターだった。

キャスト(声の出演)
役名 原語版声優 日本語吹替
ジェームズ・P・サリバン (サリー) ジョン・グッドマン 石塚英彦(ホンジャマカ)
マイク・ワゾウスキ ビリー・クリスタル 田中裕二(爆笑問題)[4]
ブー メアリー・ギブス 井上愛理
ランドール・ボッグス スティーヴ・ブシェミ 青山穣
ヘンリー・J・ウォーターヌース社長 ジェームズ・コバーン 大平透
引用元:モンスターズ・インク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF