キルスティン・ダンスト


『モナリザ・スマイル』
『ウィンブルドン』
『チアーズ!』
『スパイダーマン』
キルスティン・ダンスト(答)
レニー・ゼルウィガー
キャメロン・ディアス
クレア・デインズ
36%

キルステン・ダンスト
子役モデルとしてキャリアをスタートさせ、CM出演などを経て、オムニバス映画「ニューヨーク・ストーリー」(89)で映画デビュー。94年「インタヴュー・ウィズ・ヴァンパイア」でトム・クルーズと共演し、注目を浴びる。その後、TVシリーズ「ER 緊急救命室」(96~97)や、ソフィア・コッポラ監督「ヴァージン・スーサイズ」(99)といった劇場映画に出演。サム・ライミ監督の「スパイダーマン」シリーズ(02~07)で、ヒロインのメリー・ジェーン・ワトソン(MJ)役を演じ、人気を博す。再びコッポラ監督と組んだ「マリー・アントワネット」(06)で主演を務めた。ラース・フォン・トリアー監督作「メランコリア」でカンヌ国際映画祭の女優賞を受賞する。
引用元:キルステン・ダンスト – 映画.com http://eiga.com/person/27057/

落ち目のテニス選手と新人女性選手の恋を描いたラヴ・ストーリー。監督は「リチャード三世」のリチャード・ロンクレイン。脚本は「ブリジット・ジョーンズの日記/きれそうなわたしの12か月」のアダム・ブルックスほか。撮影は「パニック・ルーム」のダリウス・コンジ。音楽は「スカイキャプテン/ワールド・オブ・トゥモロー」のエドワード・シェアマー。美術は「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」のブライアン・モリス。編集は「スターリングラード」のハンフリー・ディクソン。衣裳は「ドリーマーズ」のルイーズ・スチャンスワード。出演は「エターナル・サンシャイン」のキルスティン・ダンスト、「ドッグヴィル」のポール・ベタニー、「ジュラシック・パーク」シリーズのサム・ニール、「恋愛適齢期」のジョン・ファヴロー、「デイ・アフター・トゥモロー」のオースティン・ニコルズ、「ブラックホーク・ダウン」のニコライ・コスター=ワルドウほか。
引用元:ウィンブルドン : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/52524/

50年代のアメリカ。保守的な名門女子大学にやってきた進歩的な女性教師が、伝統を重んじる生徒や教師と摩擦を繰り返しながらも、少しずつ学園に変化をもたらしていく姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「フェイク」のマイク・ニューウェル。主演は「エリン・ブロコビッチ」のジュリア・ロバーツ。共演の生徒役にキルステン・ダンスト、ジュリア・スタイルズ、マギー・ギレンホールと豪華な顔ぶれが並ぶ。
引用元:モナリザ・スマイル : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/52248/

チアリーディングに打ち込む女子高生たちの姿を、キルステン・ダンスト主演で描いたスポ根青春コメディ。全国大会常連の強豪として知られる高校のチアリーディングチーム「トロス」のキャプテン、トーランスは、全国大会目前にチーム伝統の振り付けが盗作だという事実を知り、がく然。新たな振り付けの猛練習を開始する。一方、盗作された弱小チーム「クローヴァーズ」も、自分たちの力と振り付けを評価させるため、全国大会へのエントリーに奔走する。メガホンを取ったのは、テレビ映画の監督などを経て本作で劇場映画デビューを果たし、後に「イエスマン “YES”は人生のパスワード」「アントマン」などを手がけるペイトン・リード。日本では2001年に劇場公開。17年、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで開催される「未体験ゾーンの映画たち2017」で再公開。
引用元:チアーズ! : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/1329/