GOUNN【五蘊】


2013年11月リリースのももいろ
クローバーZの10thシングル
GOUNN(答)
32%

003jvxqcjejeoq
次のうち
陰陽五行説の「五行」に
挙げられるものを
全て選びなさい

土(答)
火(答)

60%
「木火土金水」

033nMTRhWw
次の色のうち、五行思想に
おける「五色」に数えられる
ものを全て選びなさい
黄(答) 「土」
白(答) 「金」
黒(答) 「水」
赤(答) 「火」
緑(答) 「木」
引用元:十干十二支「庚午」「壬申」「乙亥」「戊寅」「甲申」 https://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/16521/

「GOUNN」(ごうん)は2013年11月6日に発売された、ももいろクローバーZの10thシングル。

GOUNN
作詞:只野菜摘 / 作曲:しほり / 編曲:木村篤史
歌詞・動画 – 歌ネット

人間の肉体と精神を構成する五つの要素である五蘊(ごうん)がタイトルの由来であり、ミュージックビデオ(PV)も含め仏教の世界観を取り入れた楽曲となっている。コンペで約300曲の中から選ばれた。

テーマは「理想の自分に会いにいく」。メンバーの玉井詩織は「前回のアルバムの最後の曲(灰とダイヤモンド)に、輪廻って言葉が入っていて、そこから新曲に繋がって」おり、「輪廻転生で、ももクロがまったく新しい旅をスタートする」という解釈を示した[9]。

実力に定評のあるアーティストが複数起用され(#参加ミュージシャン参照)、発売前にはオフヴォーカル(カラオケ)のトラックが歌入りのものに先立って公開されるという、異例のプロモーションが行われた。音楽評論家の堀埜浩二は以下のように評している。

シタールやタブラによる約20秒のイントロで、たちまちぷわ~んとお香が漂い始める。百田夏菜子の頭サビソロはのっけからエモーション全開。そこに雷神の如きピエール中野のドラムスが叩き込まれ、ハマ・オカモトのチョッパーベースがサディスティックにムチを入れるというサウンドの建て付けは迫力満点
— 『ももクロを聴け!』p.223
ツアーとして、ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013「GOUNN」が行われ、楽曲の世界観が再現された。

後に、福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐の登場曲としても採用されている。
引用元:GOUNN – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/GOUNN

ごうん【五蘊】
原始仏教以来説かれる存在分類法。サンスクリットでは,パンチャ・スカンダpañca‐skandhaという。生命的存在である〈有情(うじよう)〉を構成する五つの要素すなわち,色(しき),受(じゆ),想(そう),行(ぎよう),識(しき)の五つをいう。このうち色(ルーパrūpa)には,肉体を構成する五つの感覚器官(五根)と,それら感覚器官の五つの対象(五境)と,および行為の潜在的な残気(無表色(むひようしき))とが含まれる。
引用元:五蘊(ごうん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%BA%94%E8%98%8A-63451