ドルフ・ラングレン


映画『レッド・スコルピオン』
『ユニバーサル・ソルジャー』
『ロッキー4』などに出演した
アクション俳優は?
ルンラドグンフ・レ
ドルフ・ラングレン(答)
41%

四択
アクション俳優アーノルド・シュワルツェネッガーの出身国は?
オーストリア(答)

ですが、ジャン・クロード・ヴァン=ダムの出身国は?
ベルギー(答)

ですが、ドルフ・ラングレンの出身国は?
スウェーデン(答)

ドルフ・ラングレン(Dolph Lundgren, 1957年11月3日 – )は、スウェーデン・ストックホルム出身の俳優・空手家(極真カラテ参段)。修士(化学)。フルブライト奨学生。 本名はハンス・ドルフ・ラングレン(Hans Dolph Lundgren)。身長公称198cm、体重108kg。愛称は「人間核弾頭」。

俳優
アメリカ合衆国でのモデルの仕事を経て、1985年に端役として『007 美しき獲物たち』に出演し映画デビュー。同年『ロッキー4/炎の友情』で敵役イワン・ドラゴ役に抜擢され、その端正な顔立ちとビルドアップされた肉体で一躍脚光を浴びる。ドラゴ役について、当初ラングレンは「背は高いがヘビー級ボクサーを演じるには線が細すぎる」として選考から外れていたが、本人の熱心な売り込みと、空手で鍛えたボクシングにはない軌道のパンチが監督・脚本・主演のシルヴェスター・スタローンの目に留まり、スタローンと共にウエイトトレーニングに励んだ結果、ほぼ筋肉のみで25ポンド(約11.3kg)の増量に成功。これによりドラゴ役を正式に打診され、アクション俳優としての大きな飛躍のきっかけを作った(スタローンとはその後、2010年の映画『エクスペンダブルズ』でも再共演している)。これ以降、一貫してアクション映画への出演に拘り、『ディフェンダー』『レッド・リベンジャー』では監督業にも進出している。

1996年に開催されたアトランタオリンピックでは、近代五種競技のチームリーダーを務めた。
引用元:ドルフ・ラングレン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%B3