「チェレスタ」『くるみ割り人形』で有名に 「チェンバロ」ピアノの前身・クラブサン 「コントラバス」「バンドネオン」アコーディオンに似たタンゴの楽器 「オーボエ」上管にリード・下管にベル部分がある木管楽器

143CYmmwRn
バレエ『くるみ割り人形』で使用
され、有名になったこの楽器は?
チェレスタ(答)


フランス語では「クラブサン」という、ピアノの前身となった鍵盤楽器は◯◯◯◯◯?
チェンバロ(答)

CIMG2821MGJDWeqzjZZx
バレエ「アラベスク」の
ポーズはどっち?
(画像選択肢)
Aの画像 アラベスク(答)あげた足は水平
Bの画像 アティチュード あげた足を曲げている
引用元:西野バレエ団出身のタレント「江見早苗」「奈美悦子」「由美かおる」 バレエ「アラベスク」足は水平 「アティテュード」足は直角 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/16052/

072thVptqAHOK
073nRnYFKpopy075DREhZRypVp
この楽器は何?
コントラバス(答)

2015.2月、実機で確認しましたが、「ダブルベース」は不正解でした

CIMG2760ECvOklrihJRu
CIMG2762krNhKaNSxRCc
この楽器は何?
バンドネオン

288yhTdQJoeTn
290OqIaGzCznx
291YaJGorllLj
この楽器は何?
オーボエ

チェレスタ(またはセレスタ、イタリア語:celesta)は体鳴楽器に分類される鍵盤楽器の1つ。パリの楽器制作家オギュスト・ミュステルが発明し、1886年に特許を得た。
>小型のアップライト・ピアノのような形態の楽器で、フェルト巻きのハンマーにより、共鳴箱付きの金属音板を叩いて高音域を発生させる楽器。この鍵盤により、鍵盤楽器に分類される。同様の構造をした楽器で鍵盤付きグロッケンシュピール(鉄琴)と呼ばれる楽器があり、こちらの方が歴史はずっと古く、モーツァルトの魔笛で使用されているのが広く知られているが、ハンマーが真鍮や象牙などでできているため、チェレスタの方が柔らかい音で、鍵盤付きグロッケンシュピールはきらびやかな音で、相互に代用すると間違ったことになってしまう。
>管弦楽曲[編集]
チャイコフスキー:バレエ曲『くるみ割り人形』 第2幕の最初の曲から音楽に彩りを添え、『こんぺいとうの踊り』では美麗なソロを披露。
引用元:チェレスタ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%BF

チェンバロ(独: Cembalo, 伊: clavicembalo)は、鍵盤を用いて弦をプレクトラムで弾いて発音させる楽器で、撥弦楽器(はつげんがっき)、または鍵盤楽器の一種に分類される。英語ではハープシコード (harpsichord)、フランス語ではクラヴサン (clavecin) という。
狭義にはグランド・ピアノのような翼形の楽器を指すが、広義には同様の発音機構を持つヴァージナルやスピネット等を含めた撥弦鍵盤楽器を広く指す[1]。
チェンバロはルネサンス音楽やバロック音楽で広く使用されたが、18世紀後半においてピアノの興隆と共に徐々に音楽演奏の場から姿を消した。しかし20世紀に復活し、古楽の歴史考証的な演奏に用いられ、現代音楽やポピュラー音楽でも用いられている。
引用元:チェンバロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AD

チェレスタに弦は張ってありません。
チェレスタは小型のアップライトピアノに似た形で、鍵盤は付いていますが、箱の中にはグロッケンシュピールという打楽器が入っています。ピアノのアクションを簡単にした仕組みで、鍵盤を弾くと中のハンマーが鉄の板を打って音を出します。 チャイコフスキーの「くるみ割り人形」で初めて用いられました。

チェンバロは、形はグランドピアノに似ていて、鍵盤を弾くと、ジャックと呼ばれる長い木片が上がり、それに付いている爪が弦をはじき、音が出ます。大型のチェンバロは二段鍵盤です。
引用元:チェンバロとチェレスタの違いを教えてください。 – チェレス… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1026149470

オーボエは、木管楽器の一つで、上下に組み合わされた2枚のリードによって音を出すダブルリード式の楽器(複簧管楽器)である。オーボーともいう。フランス語のhaut bois(高い木)が語源とされる。ただし、この「高い」は「高音域」ではなく「高音量」(大音量)を意味する。なお、ロシア語でガボーイ(гобой)、中国語(北京語)では双簧管と呼ぶ。
>ギネス・ワールド・レコーズには、1977年のThe American Music Conferenceの発表を引用して、世界で一番難しい木管楽器、誰にも上手に演奏できない不快な木管楽器(the ill woodwind)として掲載された[1]。
>楽器は、上管・下管・ベルといった部分から成り、上管の最上部にはリードの差し込み口がある。オーボエ属のコーラングレや、同じくダブルリード楽器であるファゴットのようにボーカルを介してリードと楽器を接続する形態ではなく、楽器に直接リードを差し込むのが特徴的である。

ファゴット(伊: fagotto)は、木管楽器の一つで、オーボエと同様に上下に組み合わされた2枚のリードによって音を出すダブルリード式である(複簧管楽器)。低音〜中音部を担当する。英語に従い、バスーン、またはバズーンともいう。実音で記譜される。
>両手の指ですべての音孔を押さえるために、管を折り曲げてある。その様が薪の束(fagotto)のようであるところからイタリア語ではファゴットと名付けられた。
>演奏時にはストラップを用い、楽器を斜めに構えて吹く。
ストラップは肩から掛けるもの、首から掛けるもの、襷状のもの、尻で敷いて楽器の底部に引っ掛けるもの(シートストラップ)などがある。
引用元: ファゴット – Wikipedia.

コントラバス(独: Kontrabass / 英: Contrabass / 伊: Contrabbasso)は音楽における音域の区分のひとつ。バスのオクターブ下に位置づけられる。また、この音域をもつ弦楽器のひとつ。本項では、弦楽器としてのコントラバスについて記述する。
4本または5本の弦を持つ大きな弦楽器である。略号は「Cb」。単にバスもしくはベース(Bass)(英語圏ではこの呼び方をする人が多い)、ダブルベース(英語起源)、ストリングベース(英語圏においてエレクトリックベースに対し)、ウッドベース(和製英語)、アップライトベース、アコースティックベース(ポピュラー音楽でエレクトリックベースに対し)、ベース・フィドル(ケルト系の音楽でヴァイオリンの呼称であるフィドルに対して)とも言う。呼称が多いのは、コントラバスがさまざまな場面で使われることの表れである。
引用元: コントラバス – Wikipedia.

The double bass, or upright bass, also called the string bass, contrabass, bass viol, stand-up bass, bull fiddle or simply bass, is the largest and lowest-pitched bowed string instrument of the viol family in the modern symphony orchestra, with strings usually tuned to E1, A1, D2 and G2 (see standard tuning). The double bass is a standard member of the orchestra,[1] smaller string ensembles,[2] and the concert band in Western classical music.
引用元: Double bass – Wikipedia, the free encyclopedia.

29 :ゲームセンター名無し:2013/04/04(木) 04:31:40.00 ID:nGOGsC6h0.net
クラシック検定で「この楽器の名前は?」とタイピングでコントラバスを答えさせる問題が出たけど
「ダブルベース」だと×になった。これはどうなんだろう

287 :ゲームセンター名無し:2013/09/30(月) 00:59:49.26 ID:gxWY0Ftk0.net[1/2]
芸キューでコントラバスの別名としてダブルベースを答えさせる問題を見た
以前コントラバスのタイピングでダブルベースと答えたら×だったって報告あったけど、この問題あるなら
尚更タイピングでもダブルベースを正解にしないとあかんな

288 :ゲームセンター名無し:2013/09/30(月) 01:25:29.21 ID:5Fh15/tY0.net
正確な問題文が欲しいけど、
画像問題か「全長2mあるバイオリンの種類」というのなら
たしかにダブルベースでも正解にしてほしいところ

ただ自分も調べて知ったんだけど「ウッドベース」は和製英語で俗称なんですな

引用元: 【QMA】悪問・嘘問を晒せ!22.

バンドネオン(英: bandoneon、西: bandoneón)は、主にタンゴで用いられる楽器。
>アコーディオンに形が似ているため(同じ蛇腹楽器)、「アコーディオンの一種」という説明も見受けられるが、鍵盤は、ピアノのような形ではなく、ボタン型で、これが蛇腹を挟んで両側についている。アコーディオンが1820年代に発明され、改良して作られたアコーディオンの一種であるコンツェルティーナ(コンサーティーナ)の影響を受けて、1840年代、ドイツのハインリヒ・バンドが1847年に考案し、野外での教会の儀式でパイプオルガンの代用として、またドイツの民俗音楽で、使用されていた。
引用元: バンドネオン – Wikipedia.